• いかに自分が相対的な人生を送ってきたかを、息子から学ぶ日々

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    一昨日の夜遅くに東京から帰ってきたばかりですが、今、大阪に向かう新幹線に乗っています。

    よく、移動が大変でしょ?と聞かれますが、もう慣れてしまって、それなりに快適に過ごしています。

    ただ、肩こり首こりは移動が原因とも言われますので、健康面からみると、身体は正直なのかもしれません。

    また、家族には相当な負担をかけてしまってますが、今朝も、妻と息子から【行ってらっしゃい】という言葉をかけてもらい、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

    間違いなく、これが元気の源ですね。

    いかに相対的であったか…

    最近、息子が野球の話をよくしてくれます。

    彼は、昔から、嬉しいことや楽しいことがあったら、こちらが聞かなくてもその内容を具体的に話してくれますし、その嬉しさや楽しさが大きかったときは、同じ事を何回も伝えてきます。

    今、高校野球がすごく楽しくなっているのでしょう。

    以前と比べると、ボールが飛ぶようになってきた・・
    なんか、肩が強くなってきた気がする・・
    身体の芯が分かってきたかも・・

    世の中の□(しかく)タイプのお父さん、お母さん!

    今、他の子はどうなの?
    他の子よりも成長しているの?

    と、思いませんでしたか?

    ちなみに、私と妻も□タイプですから、その気持ちが痛いほど分かります。

    でも、少しだけ聞いて頂きたいことがあります。

    相対的(他人と比較する)であるということと、負けたくないという気持ちは別ではないかと思うのです。

    似て非なるものであり、同じように考えてはいけないことではないでしょうか。

    私は、絶対に誰にも負けたくない気持ちで、勉強も野球も頑張りました。

    □タイプの私にとっては、それが最大のエネルギー源でした。

    だけど、いつしかそれが当たり前になり、常に誰かと比較して、優劣をつけるようになってしまいました。

    頑張るエネルギーにするのではなく、私は誰よりも優れていて、誰よりも劣っているという、まさしく相対的な自分ができあがっていたのです。

    だから、息子を見ながら思うのです。

    いかに、自分が相対的であったか・・

    そして、息子がいかに絶対的であるか・・

    ただ、こう思えるようになったのは、様々な学びがあったからこそですし、相当な時間が必要でした。

    特に大きかったのは、日本一のセラピストであるアテナースの岡部明美(明美ちゃん)さんに、私の中にあったビリーフを外してもらえたこと、そして、STRに出会えたことです。

    この機縁がなければ、今頃、息子を潰していたでしょう。

    彼を最大に愛しているが故に・・

    絶対的な自己とは何か・・

    ここで、もう一度、息子の言葉を見て頂きたいと思います。

    以前と比べると、ボールが飛ぶようになってきた・・
    なんか、肩が強くなってきた気がする・・
    身体の芯が分かってきたかも・・

    他人との比較がどこにもないのです。

    以前の自分だけが比較対象なのです。

    絶対的な自己とは、誰よりも自分が上という意味ではなく、唯一無二な私。

    他の誰でもなく、私は、私。

    自らの成長を感じ、心から喜んでいる息子の姿・・

    相対的で、モービルスーツを着込むことでしか、自分という存在を認められなかった自分からすれば、これが如何にすごいことかが分かります。

    □タイプのお父さん、お母さん、○(まる)タイプの子に対して、【他人に負けるな】というアドバイスだけは、やめてあげましょう!

    なんの役にも立ちません・・

    他人には負けたくない!という気持ち(相対的な自分とは別の意味です)がエネルギーになるのは、□タイプだけですから。

    STRスコアを参考にする

    ここで、息子の【STRスコア】と宿命である【堅】をご覧下さい。



    コツコツと努力を重ねる【堅】を宿命に持ち、どっしりと構えて、動かざること山のごとしの【山】のような人物で、誰かのためにがモチベーションに繋がる【〇】を心に持って生まれてきた子。

    息子が息子である理由が、これを読むと理解できました。

    子どもへの愛情は、無償の愛。

    愛するが故に、真剣にもなります。

    真っ正面からぶつかってしまいます。

    最も大切な存在だからこそ、最もいがみ合ってしまう存在・・

    STRは、そのいがみ合いを解してくれるはずです。

    そうか、だからか・・

    だから、子ども達は、こうするんだな・・

    もちろん、夫婦関係もいっしょなのです。

    最後になりましたが、STRコミュニケーション協会の理念をご紹介させて頂きます。

    自分と世界を幸せにしよう

    まず、自分という人間を知り(自得し)、大切な人といっしょに、幸せな人生を育みませんか?

    もうこれ以上、愛が暴力に変わってしまいませんように・・

    本日もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.64

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です