• ずっと気になる息子との【相性】は、親子関係

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    今日は、雨模様ですね。野球をしている息子、テニスをしている娘は、心なしか、ウキウキで学校に行きました。

    その気持ち、とってもよく分かります。

    宿命・心・バイオリズム・顔・頭・適応値が、誕生日で分かる、STR素質適応理論

    STRで扱う【心】は、その人そのものであり、気心の知れた親友くらいしか、本来は知らない部分です。

    しかし、STRでは、誕生日を入力するだけで、【心】が分かりますので、相手の理解が早まります。

    なぜ、みんなで一緒に居ようとするのか?
    なぜ、結論から話すのか?
    なぜ、待てないのか?
    なぜ、話が長いのか?
    なぜ、実用的なものが好きなのか?
    なぜ、ブランドものが良いのか?
    なぜ、1番後ろの隅っこの席が安心するのか?
    なぜ、ジャンケンでさえも負けたくないのか?
    なぜ、ワクにはめられたくないのか?

    その他、人間関係における【なぜ・・?】について、ある程度、見立てることが出来るようになります。

    見立てることが出来るようになるということは、コミュニケーションの取り方を変えることが出来ますよね。

    ここが、大切なポイントです。

    下記のブログでも、少しだけですがご紹介しておりますので、宜しければご覧下さいませ。
    子どものことを理解したいなら【STR】素質適応理論を学んでみませんか?

    私は、我□3陽△2□3 P54の四ケ所秀樹です。

    STRを学んでいらっしゃる方に、このように自己紹介をすれば、あっという間に、居心地の良い環境が出来ると思います。

    アイスブレイクなどで、場を盛り上げることをしなくても、何の問題もありません。

    そのためには、STRコミュニケーション協会の、STR資格認定講座にて、学んでみて下さいね!

    大切な方とのコミュニケーションが、劇的に変わりますよ!

    さて、本題です。

    STRコミュニケーション協会の無料診断にて、私の誕生日を入力してみました。
    ※添付の写真は有料バージョンのものになります。


    宿命:、心:□3、バイオリズム:、顔:△2、頭:□3、適応値:P54

    これでもう、私はスッポンポンになったも同然です。

    息子は、堅〇3山□1〇2 P3です。

    息子の誕生日を入力すると、添付の写真のようになりました。

    入力する時の注意点としては、出生時間が23時以降の方は、STR上では、翌日生まれになりますので、23:00〜23:59にチェックを入れて下さい。

    宿命:、心:〇3、バイオリズム:、顔:□1、頭:〇2、適応値:P3

    陽と山の相性は【親子関係】

    私と息子は、当然ながら、親子関係です。

    しかし、STRのバイオリズムを見ることで、私と息子との本当の相性が見られるわけです。

    そこで、【陽】の私から見た【山】の息子の相性を調べてみると、親子関係だったのです。

    子どもだから気になるのに、相性でも、親子関係なので、余計に気になるはずですね・・

    そうか、それでか。

    息子からすると、もともと親父なのに、さらに親父みたいな。

    私たち親子にとっては、子離れ、親離れが、後々のポイントになってくるかも知れません。

    ちなみに、【陽】の私から見た【山】の妻は、同じく親子関係。

    【陽】の私から見た【雨】の娘は、他人の関係。

    【山】の妻と息子から見た【雨】の娘は、夫婦の関係。

    相性としては、他にも、ライバル関係、友人関係、先生と生徒の関係、親分と子分の関係があります。

    基礎講座では、それぞれの関係性の内容をしっかりと学び、そのうえで、どう実践するかを考えていきます。

    バイオリズムは相性だけではない

    私は、太陽の【陽】を持っています。

    陰陽五行説の木火土金水だとすると、火に属します。

    それぞれの五行には陰と陽があり、太陽の【陽】は、陰陽の陽にあたります。逆に、陰は【灯】になります。

    なので、【灯】を持っている方とはライバル関係になるのですが、バイオリズムで見るのは、相性だけではありません。

    太陽の【陽】の特徴を考えることで、その人となりに想像が付くようになります。

    同じ火の属性にあたる、ロウソクの【灯】の特徴を考えると、明らかに【陽】とは違う人物像が想像できますよね。

    そう考えると、強みの伸ばし方は、違って当然ですよね。

    STRコミュニケーション協会の理事長である志和さんは、こう仰います。

    バラをヒマワリになるように育てても、バラはバラにしか育たない。

    バラをバラとして育てる。相手の真の特徴を知り、その特徴を育ててあげる。

    だからこそ、お子様のことでご相談を受けたときには、必ず、このSTRの話をさせて頂くのです。

    バイオリズムは、運気でもある

    私の今年の運気は、【焦】の年です。

    10年のサイクルで、回ってくるのですが、簡単に言えば、春夏秋冬です。

    先ほど、バラはバラにしか育たないと書きましたが、運気でも同じような事が言えますね。

    春にしか咲かない花は、春にしか咲かない。

    【焦】には【焦】の生き方がある。

    自然の摂理に適うものしか、生き残らない。

    今日は、バイオリズムについて書いてみましたが、表面的なお話でしたので、また改めて深掘りしてみたいと思います。

    ブログ筋トレ中の文章を、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です