• ラッカープランセミナーで学んだこと/2019.0530-31

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    今日で、5月が終わりですね。

    2019年も、もう5ヶ月が終わり、残すは7ヶ月なりました。

    時間とは不思議なもので、過去の延長線上で、明日、明後日の意思決定を考える人と、例えば、2019年12月31日という未来から見て、今日、明日の意思決定を考える人がいるようです。

    では、考え方の違いで何が変わるのでしょうか?

    それは、【壁】の見え方・捉え方かもしれません。

    未来から、今を見ている方のほうが、その壁の捉え方が、豊富だと思うのです。

    今、超えられるのか?
    今は、避けて通るのか?
    今は、いったん引き返して実力をつけてから挑むのか?

    未来と現在の道の中で、壁と自分の存在を少し遠いところから、客観視なさっている気がしますが、如何でしょうか?

    利益が出ても、社員さんの給与は増えない

    利益が出たら、賞与を支払いたいんだけど、現実的にはなかなか・・

    こういう話は、よく聞きますね。

    私は、2011年に独立するまで、税理士事務所に勤務しておりましたが、利益が出たときに経営者が考えるのは、社員さんへの成果配分ではなく、【節税対策】だったというイメージが、強く残っています。

    決算賞与は出さないというのではなく、優先順位が、節税対策よりもだいぶ下だという印象なのです。

    だとするならば、社員さんに対して、【利益が出たら、賞与を出します】と言ってはいけないのではないでしょうか。

    では、どうしたら社員さんの給与はきちんと増えて、かつ、会社も成長できるのでしょうか?

    その答えが、ラッカー・プランに中にありました。

    ラッカー・プランとは何か

    昨日、ラッカー・プランセミナーを開催中というブログを書かせて頂きましたが、その中の1部を、改めて紹介させて頂きますね。

    アレン・W・ラッカーの著書 【労働者が富裕になる道】
    ラッカー・プランは、労働者の能率を促進し、公正な付加価値(MQ)に比例した人件費(F1)および福利厚生を与えようとする【経営者側の解答】であり、【労働者側の解答】でもある。
    それは、付加価値(MQ)の極大化への継続的なモチベーションを提供し、社員自らの努力によって人件費(F1)と福利厚生を増加させる、【真の相互扶助繁栄の道】である。

    そして、このラッカー・プランは、この相互扶助繁栄の道を、どのように実現しようとしているのでしょうか。

    使うのは、2つの要素で、1つの指標です。

    A:付加価値(粗利総額・MQ)
    B:人件費(F1)

    このブログを読んで下さっている方で、経営分析指標に強い方は、B/Aで算出する【労働分配率】を想像されたかもしれません。

    しかし、ラッカー・プランを学ぶと、この数字を使ってはいけないことが分かります。

    え?!と思われたかもしれませんが、もう一度お伝えします。

    労働分配率は、使ってはいけないのです。

    昨日も、ご紹介させて頂きましたが、内容も量も、過去2回とは比較にならない新しいテキストの中に、下記の練習問題がありました。

    ————————————-
    ある会社の現時点での付加価値(MQ)は100であり、労働分配率(人件費F1/付加価値MQ)は40%である。
    では、付加価値(MQ)が80になった場合の人件費はいくらか?
    ————————————-

    どうでしょうか、計算できましたでしょうか?

    答えは、もちろん40です。

    決して、32ではありません。

    付加価値が減ったからといって、人件費というのは、減らすことが出来ない固定費なのですから、32にはならないのです。

    労働分配率で経営を考えてしまうと、現実的ではない数字になってしまいます。

    株式会社ソフトパワー研究所の清水信博先生は、経営で使える分数について、分母が暴れるものは、決して使ってはならぬ!と仰います。

    分母というのは、暴れにくくハッキリしているから、指標として使える意味ということです。

    では、付加価値と人件費と、どちらが暴れにくく、ハッキリとしているでしょうか?

    明らかに、人件費ですよね。

    とくに、経営計画において大事なのは、付加価値ではなく、人件費を先に決めるということです。

    だとすると、先ほどの2つの指標は、B/Aではなく、A/Bが正しいとなります。

    つまり、付加価値(MQ)/人件費(F1)=人件費生産性という、この指標を使うのがラッカー・プランです。

    もっと言うと、この指標でしか、相互扶助繁栄の道は、実現できないのです。



    ラッカー・プランを長期経営計画に使えば、その成長が筋肉によるものか、脂肪によるものか明確になる

    私は、5年後のB/S(貸借対照表)を作ることを得意としています。

    それは、13年間、税理士事務所にて勤務させて頂いたおかげで、B/S(貸借対照表)、P/L(損益計算書)、C/S(キャッシュフー計算書)の繋がりを、完璧に理解できているからです。

    ただ、これまでの視点は、5年後に、何を残したいのかという視点だけでしたので、筋肉質になっているのか、肥満体質になっているのかという視点はありませんでした。

    というよりも、数ある経営分析指標の中で、何の指標を使えば、真に正しく、その判断が出来るのか、分かっていませんでした。

    今回、3回目のラッカー・プランセミナーの受講になったわけですが、ついに、明確に判断できるまで、理解が深まりました。

    つまり、
    【社長、その計画では、5年後の現金は、いくらにしかなりませんよ!という視点だけではなく、社長、その計画では、5年後に脂肪体質で肥大化した組織になるますよ!】
    という視点を得たわけです。

    これは、長期経営計画の原理原則です。

    学びも、膨れ上がるのではなく、削ぎ落とされていくのが本物ですよね。

    本当に素敵な学びでした。

    多くの経営者の皆さまに、このラッカー・プランを学んで頂きたいです!

    株式会社ソフトパワー研究所さまのセミナー情報を、要チェックなさって下さいね。

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です