• 博多示道塾公開講座【日本人の生き方】を開催しました 2019.0520

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    唐突な質問で恐縮ですが、皆さまには、面と向かって対峙したときに、身体が勝手に反応する方はいらっしゃいますか?

    私にとっては、ビスタワークス研究所の大原さんが、そのお一人です。

    お目にかかる度に、背筋がピーンと伸びます。

    大原さんの生き様に、日本人としての何かが反応しているのだと思います。

    学ばせて頂きたいという感覚とも違います。

    決して、居心地が良いとは言えないと思います。

    でも、ここから離れてはいけない。

    絶対に逃げてはいけない。

    顔を背けてはいけない。

    だって日本人だから。

    そんな気持ちになるのです。

    だからこそ、もっと多くの方々に、大原さんに会って欲しい。

    大原さんという方に触れて欲しい。

    心からそう思うのです。

    この想い、日本中に届いて欲しいです。

    それが、私が示道塾という場を続けている理由でもあるのです。

    今こそ、日本人の生き方を再確認する時

    令和の時代、どう生き抜き、【子どもの、子どもの、その子どもたち】に何を遺しますか?

    そのために今、出来ることは明確ですか?

    それを、自らの心に問う時間を設けていますか?



    昨日は、博多示道塾特別講座だったのですが、ストレートにそう問われた気がしました。

    27名の方にお集まり頂き、【日本人の生き方】について学び合いましたが、対話に聞き耳を立てていると、明確になっていらっしゃる方は、とっても少ないように感じました。

    しかし、これで良いのです。

    だからこそ、学び合えるのですから!

    毎年、この講座を終えると、いよいよ今年も示道塾が始まるなと、気持ちが高まっていくのですが、その理由が今、はっきりと分かりました。

    示道塾は、この学び合いを通して同士となり、深い絆で結ばれるのです。

    これが、かけがえのない財産になることが分かっているので、気持ちが高ぶってくるのだと再認識しました。



    さて、なぜ私たち日本人が、【日本人の生き方】を再確認する必要があるのでしょうか?

    大原さんには、2人の息子さんと、1人の娘さんがいらっしゃいます。

    次の写真は、【令和】という新たな時代を迎える日の、大原さんと2人の息子さんの様子です。

    3人の背中に、感じることはありませんか?

    この凛とした姿に、皆さまの心は動きませんか?

    令和という時代の迎え方に、正解など無いのかもしれませんが、世界で唯一、2600年以上続く日本人としての、新たな時代の迎え方として、良いとか悪いとかではなく、一考に値すると思うのです。

    私たち日本人は、新しいものを身につける前に、そもそも備わっているはずの強みを、再確認する必要があるのではないでしょうか。



    何のために働くか

    皆さまは、大切な人から、何のために働いているの?と聞かれたら、どのように返事をなさいますか?

    ある調査では、日本において、熱意のある社員は6%のみで、世界第132位だったそうです。

    そして、若者に対する【働くことに対する調査】では、

    ・人並みで十分が、61.6%
    ・好んで苦労することはないが、34.1%

    で、過去最高を記録したそうです。

    逆に、

    ・自分の力を試したいが、10%
    ・社会のお役に立ちたいが、8%

    だったそうです。

    これは、良いとか悪いではなく、今の時代の流れです。

    間違いなく、今まで通用してきたものが、全く通用しなくなります。

    近頃の若い者は・・と言っても、何も解決しません。

    若者が、無能な訳ではありません。

    逆に、道具を扱うという意味では、遥かに優秀な世代ではないでしょうか。

    ただ、何のために働くのか・・?について、考える機会に恵まれていなかったのではないでしょうか。

    これからは、PDCAを回しておけば上手くいった時代ではなく、何が起きるのかが分からない時代です。

    だからこそ、何のために働くのか、その大義名分がなければ、その強みが発揮できないと思うのです。



    いざという時に、奪い合わずに分かち合えるのが、私たちのDNA

    示道塾では、私たちの先人たちが、どのように振る舞ってきたのかについて、触れる機会が多いです。

    私は今、44歳ですが、20歳の時に阪神淡路大震災、37歳の時に東日本大震災が発生しました。

    多くの方が犠牲になり、多くの方が住む家を失い、全く光が見えない絶望の中で、それでも多くの方が奪い合うことなく、分かち合っている姿に、世界中が驚きました。

    全員が、そうだったわけではないと思います。

    少なからず、犯罪も起きたという事実も報道されておりました。

    しかし、多くの日本人は、いざという時だからこそ、一致団結し、分かち合いながら、難局を乗り越えました。

    これが、私たちのDNAに刻み込まれた、日本人としての原点だと思います。

    和を以て尊しと為す。

    これこそが、日本型経営であるという大原さんの言葉には、心が熱く反応するしかありませんでした。



    博多示道塾第七期は、令和元年8月19日にスタート

    今日の公開講座は、大原さんの言霊と、ご参画を頂いた皆さまの想いが共鳴し、素晴らしい学びの場であったと思います。

    九州示道塾実行委員会としては、これからが本番です。

    士(サムライ)という字は、十人に一人と書きます。

    少なくとも、10人に1人は、リーダーが必要です。

    皆様の会社は、何名の社員さんがいらっしゃいますか?

    100名であれば、少なくとも10人のリーダーを育てなければなりません。

    博多示道塾第七期は、令和元年8月に開塾致します。
    こちらのブログにて、お申込が出来るようになっておりますので、ぜひ、ご覧頂けると嬉しいです。





    18名が定員なのですが、5月20日現在、10名の方にお申込を頂いております。

    気になって仕方ない方、魂に響いている方、ぜひ、共に学びませんか?

    ご不明な点などございましたら、何なりとお申し付け下さいませ。



    最後に、今日の講座で1番印象に残った写真を添付させて頂きますね。

    日の丸を背中に掲げるって、めちゃくちゃ格好良いと思いました!



    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

    今後どもどうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です