• 域中有四大【いきちゅうしだいあり】

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    中学2年生になった娘の、テニスの試合の応援に、唐津に行ってきました。

    半年ぶりくらいにプレーしている姿を見ましたが、成長していました〜。

    ラリーも続くので、すごく見応えがありました。

    娘の試合が終わり、唐津から鳥栖の自宅に到着した瞬間に、今度は、息子から野球が終わったとの連絡が入り、そのまま、迎えに行きましたw

    左足もも裏肉離れに続き、右足も肉離れしていましたが、今日、走ってみたら全く痛くなく、明日から、通常の練習に復帰するとのことでした。

    いや〜、良い日です!!

    宇宙観の四大

    ビジネスリーダーのための【老子道徳経講義】という本があります。

    大阪の師より、域中有四大(いきちゅうしだいあり)という言葉を教わり、時を同じくして、STRコミュニケーション協会理事長の志和信幸さんから、この本を紹介して頂きました。

    これは、老子を学ぶタイミングが来ているのだろうと思いました。

    域中有四大という言葉は、老子道徳経の象元第二十五の中に出てきます。

    【人】【地】を法則とし

    【地】【天】を法則とし

    【天】【道】を法則とし

    【道】【自然】を法則とする。

    老子道徳経講義では、次のように解説が書いてあります。

    われわれ人間は地の上で、【地】の力で生きている。

    その地は天の下で、【天】の力で生きている。

    その天は道の下で、【道】の力で生きている。

    これ等の大もとの道は、自然の中で、【自然】の力で生きている。

    したがって、われわれ人間も、地と天と【道】と通じ合い、自然と共に生きる事を法(のり)、生きる大本としているのだ。

    大阪の師は、これを宇宙観の四大として、次のようにメッセージを下さいました。

    与えられた運命は、他人のもの。これを外す。これが立命。

    つまり、本当の自分を生きる。

    与えられた運命に任さず、天命を生きよう。

    いまの私では、まだまだ分からぬ境地ですが、ここに至るためにやるべき事は分かっていますので、良い習慣になるように日々、積み重ねていきます。



    一燈照隅十二の有

    この言葉は、成功のバイオリズム【超進化論】の著者である田中克成さんに、私の人生を12条にまとめて頂いたものです。

    点として存在していたものが、線として繋がり、やがて面となる。

    今月45歳になりますが、これまでの学びが、どんどん繋がっていっているのを感じます。

    私の人生の軸になるものは、自分の中にあった・・

    外に求めるのではなく、心に求める。

    過去を手放し、自らの未来に拘る。

    慌ただしく過ぎていく日々も、充実していて大好きですが、何をするかを自分で決められるような、ゆっくりとした時間も良いですね。

    私にとってのゴールデンウィークは、未来の自分との対話のために在るようです。

    今回も、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です