生きるを【育て】、生きるを【守る】という生き方

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


今朝、6時13分に新鳥栖発の新幹線で大阪に移動し、15時8分に新大阪発の新幹線で新鳥栖に戻っていますw


毎月、少しずつ学びを深めていっているのですが、今日は、【方位】について、学ばせて頂きました。



方位資料の九星盤は、マンダラと同じ形

方位には、【動】の方位と【静】の方位があります。


動の方位とは、【移動方位】のことで、静の方位とは、【家相(空間)】のことです。


今日は、移動方位についての学びだったのですが、昔の方は、この方位について、ものすごくよくご存じだったのだそうです。


まず、方位資料として、九星盤を頂いたのですが、マンダラと同じ!というのが、私の第1印象でした。





今年(2019年)は、この九星盤のどれにあたるかというと、左下、つまり、8がど真ん中にあるものに該当するそうです。


私たちは、地図なんかでも、北が上にある方が見慣れていると思いますが、この九星盤は、【南が上】になるので、イメージがしにくかったです。


極度の方向音痴というのもあるかもしれませんが・・。


なので、当然、ひっくり返して見たくなるわけです。





この写真だと、右上が今年の方位を表したものになります。


私は、【八白土星】なので、8が中央にあるこの方位を、そのまま使えますので、赤で表示されている北東が暗剣殺、黄色で表示されている南西が五黄殺となり、方位としては、北東と南西が凶ということを示しています。


もちろん、これは、八白土星の人に限ったことであり、他の星の方は、それぞれの九星盤で見ることになります。



2019年の八白土星の大吉の方位は、北西!!

次の写真は、八白土星の方にのみ、当てはまるものになります。





先ほども書きましたが、北東と南西が凶の方位ですね。


ただ、先ほどの赤と黄色の表示だけではなく、南南東が【破】ということで、凶方位に加わっていますね。


この【破】は、年月によって変化するそうなので、自分で調べるのは、本当に難しそうです・・。


今は、自分で調べることは全く出来ませんが、いずれは、自分で調べられるように学びを深めていきます。


そして、話を元に戻しますが、凶方位が分かれば、やはり知りたくなるのは、大吉方位ですよね!


ということで、教えて頂きました。


八白土星の、2019年の大吉方位は、北西だそうです。


八白土星の皆さま、今年は、北西に向かって、素敵なエネルギーを頂きに行きましょう!


そして、行くなら2月(もう過ぎてしまった・・)か12月ということなので、ぜひ、12月に北西への旅行を計画しましょうね!


ピーンときましたか?


そうです。


北西でも、月によっては行かない方が良い場合もあるのです。


奥が深いですね〜


これが、生きるを【守り】、生きるを【育て】、生涯価値を【最大化する】という生き方です。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.54

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録