右脳が使える手帳!Made in TokyoのM9notesを使い始めました

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日までの2日間、本当に素敵な時間を過ごせたこともあり、今朝から、心地よい疲れと良質なエネルギーに包まれております。

お志事というのは、やっぱり素晴らしいものであり、人生を豊かにしていくには欠かせないものですね。

ということで、本日もまた、健全度高く、鳥栖の地でお志事させて頂いております。

首を長くして待っていた【M9notes】

昨夜、東京から自宅に戻ってきたのですが、妻が、ダイニングテーブルの上に不在連絡票を置いていてくれました。

名前を確認すると、株式会社コンピュータリブの中島社長からのお届け物でした。

おーーー!やっと着たーーーー!

中島社長からの荷物ということは、もう間違いなくアレだーーーー!

そうです。

Facebookに次々とアップされる様子を見ながら、ずっと首を長くして待っていた【M9notes】のことです。




妻が、明日、郵便局の近くに行くから取って来ようか?と優しく提案してくれましたが、【いや、俺が行く】って思わず言っちゃいました。

妻の機嫌を損ねなかったか、そこだけが心配です・・w

すごく手にフィットするサイズ感

早速、朝イチで郵便局に行き、【M9notes】とご対面です。

そして、すぐに鳥栖本社に帰り、掃除などを終わらせ、身を清めてから開封の儀を行いました。

まずは、サイズ感なのですが、写真の通り、私のゴツゴツした手より小さく、手にすごくフィットしました。

私の手はかなり大きいので、参考にならないかもしれないと思い、サイズを測ってみると、縦14cm × 横9cmという大きさでした。
※ちなみに、私の手のサイズは、20cmでしたww




マンダラ手帳のA5サイズと比較すると、次の写真のような感じでした。

どうでしょうか?

サイズ感は、伝わりましたでしょうか?




中は、見開き1ページで使用する形

中を見てみると、左側にマンダラ、右側は方眼紙になっていました。

早速、使ってみたいところですが、私は元来、取扱説明書を読んでから使い始めるタイプですので、同封されていた資料を読むことにしました。




ユーザー登録のお願いと書いてありましたので、素直に登録することにしました。

M9notes専用のホームページになっており、先日、ご紹介させて頂いた【空海を訪れる高野山の旅】についての詳細もありました。




良いなと思ったのは、この取説には、6通りの型が紹介されていることでした。

私みたいに丁寧に取説を読むタイプには、きっと、こういう提案は有り難いと思うんですよね。

こういう型が必要ない方は、きっと取説を読まずに、ガンガン自己流で使うタイプではないかと思うので・・

これは、偏見でしょうかね〜




黒と青で書いてみた

このM9notesですが、青色のペンも一緒に販売されており、その名も右脳が働く青色ペンw

写真は、誕生日プレゼントで頂いた万年筆で書いたものになりますが、この後、右脳が働く青色ペンでも、続きを書いてみました。

感想としては、私は万年筆のほうを主として使うと思いますが、青色で書きたくなる理由も分かりました!

というより、M9notes自体が、青色がより映えるような色使いになっていて、書いたもの全体が、すごく美しく仕上がりました。

やっぱり、青も捨てがたい・・

あ、インクを青に変えて、万年筆を使えば解決ですね。

はい、そうします!




使い続けた結果、私の生活にどういう変化が起きたのか、また数ヶ月後にブログにてご報告させて頂ければと思います!

ぜひ、皆さまも、M9notesを手に入れて、右脳を自由自在に使える自分になってみませんか?

今日もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.63

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録