• 直線の思想から円の思想へ

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    大阪での3日間の学びを終えました。

    ご一緒させていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

    そして、お疲れ様でした。

    今回の学びをまとめるのには、もっと時間が必要ですので、少しだけ、今回の学びをご紹介させて頂きたいと思います。

    松竹梅はランキングではない

    皆さま、【歳寒三友(さいかんのさんゆう)】という言葉をご存知でしょうか?

    それこそ、松竹梅のことなんですが、その意味は、私たちが日常で使ってしまっている【ランキング】を意味するものではありませんでした。

    きっと他にも、その本来の意味を知らずに使ってしまっている言葉があると、思わざるを得ませんでした。

    冬の寒さでも緑を保つ松




    雪の重みにも負けず、すくっと生える竹




    寒さの中でも花を咲かせる梅




    つまり、松竹梅の本来の意味とは、【冬の寒さの中でも己を失わない、清廉潔白な生き方】の例えだったのです。

    だとすると、梅花の歌から来ているとされる【令和】に込められた意味とは、いったい何なのでしょうか?

    それは、たとえ厳しい時代になったとしても、寒さの中でも花を咲かせる梅のような生き方をしよう!というメッセージだと捉えることも出来ますよね。

    春になるのをじっと堪えながら待つ・・

    時代が、そんな生き方を求めているのでしょうか。

    そんな風に受け止めさせて頂きました。

    直線の思想から円の思想へ

    今まさに、時代は西洋から東洋へと、そのエネルギーの魂源が移っているそうです。

    その周期は800年だそうですが、すごく心に響いたことは、西洋は直線で繁栄する文化であり、東洋は円で繁栄する文化であるということでした。

    つまり、これからは、循環するものだけが生き残り、循環できないものは滅びていく時代・・

    そのために大切なことは、今咲き誇っている花に着目せず、根や幹に着目することだそうです。

    花は散ってしまいますが、根や幹が太く深いならば、また必ず咲き誇るという意味ですよね。

    NICEONを、花に拘らず、根や幹に拘る会社にしようと改めて強く思いました。

    機が熟したときに、花は必ず咲く。

    この一点を信じ、そのための土台として存在する会社を目指します。

    そのためにも、この想いに共感して頂ける仲間を募集させて頂きますが、まずは、1,000社の土台になれる経営者、そして、会社になるために、己を修めることから始めます。

    日々鍛錬ですね。

    どうやら、ゆっくりと寝てる場合ではないようです!

    よ〜し、やりますよ〜!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.67

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください