• OA大会(事例発表大会)は学びの宝庫

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    壱岐での学び、初日が終わりました。

    お昼前に壱岐につき、ホテルで就寝する午前1時半まで、本当によく学び、よく笑い、よく飲みました。

    2日目も、間違いなく午前様ですので、先にブログを書いています。

    OA大会とは

    OA大会とは、オフィスオートメーションの略です。

    具体的には、マイツールというソフトを使って、如何に事業を改善できたかについて、事例発表して学び合う大会になります。

    発表者は【発表者の学び】があります。

    1つは、発表にむけて、資料を作ったりすることで、仕事の棚卸になります。

    自らの頭の整理に繋がるということです。

    2つめは、発表することで、会場で聞いて下さっている方や審査員の皆さまから、すぐに実践に繋がる具体的なアドバイスが頂けることです。

    また、発表を【聞く側には聞く側の学び】があります。

    事例発表ですので、理論理屈ではなく、そこには、発表者の努力のあとがあり、改善に協力なさった現場の感情があり、本では得ることが出来ません。

    そして、発表側と聞く側の相乗効果で、さらに場が高まっていきますので、声がガンガン入ってきます。

    まさに、生きた学びだなと思います。

    昨日は、6名の方が発表されました。

    金賞の山本さん



    銀賞の深見さん



    銅賞の松永さん



    OA大会の感想

    今回は、審査員の一人として参画させて頂きましたので、次のポイントで発表を聞いておりました。

    ・目的
    ・STUV
    ・言葉
    ・データの持ち方
    ・操作技術

    1つ1つを簡単に説明させて頂くと、目的とは、何がしたかったのか?何を解決したかったのか?が明確であるかどうかです。

    STUVとは、西研究所の西先生から学んだ言葉なのですが、シンプルか?トータル的か?相手の立場で作られてるか?ビジュアル的か?という観点です。

    次は、言葉についてですが、マイツールというソフトは、入力を開始する時に、ELというコマンドを使うのですが、イーエルと言わずに、エントリーラインと言うことを大切にしています。

    次は、データの持ち方なのですが、エクセルのような表計算型の持ち方ではなく、マイツールはデータベースソフトなので、しっかりとデータになっているかという観点です。

    最後は、操作技術に関してですが、これは、上手か下手かではなく、日頃から使っているかという観点です。

    今回は、初めての方の発表が多かったのですが、自分の頭の中を、きちんと可視化されたプレゼンでした。

    皆さん、仕事がお忙しい中で、発表のための準備に時間が割かれ、おそらく大変だったと思います。

    でも、OA大会が終わった今、発表して良かったと思われていると思います。

    なぜなら、私自身がそうでしたし、多くの方が、その道を通って、事業が発展しているからです。

    今回発表された皆さまの会社も、これをキッカケにグンと成長されることを、心から願っております。

    壱岐は食べ物が美味しい

    OA大会終了後は、壱岐に来たら必ず訪問するお店【味よし】さんで、交流会でした

    30名近くが集まって、とても内容の濃い話が繰り広げられておりました。

    OA大会だけでなく、交流会でも学べるのは、本当に素敵な事です。

    それにしても濃い1日でした。

    2日目も頑張ります。

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.71

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です