• 高野山ツアーが無事に終わりました。いつのまにか、南無大師遍照金剛と唱えてしまってました!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    無事に、3日間の高野山ツアーが終わりました。

    STRの◻︎タイプらしく、結論からお話しさせて頂くと、また必ず訪れたいと思います。

    知らないことが多すぎて、お話を聞いても分からないことが多かったにも関わらず、なぜか楽しかったのです。

    沢山、感じることが出来たということでしょうかね〜

    次回(まだ日程は未定ですが)は、九州の仲間も加わってくださると、さらに楽しくなると思いますので、ぜひ、ご一緒しましょう!

    真夜中の大雨がウソのように、3日目も天気に恵まれました

    私は、お酒を飲んでから眠りに落ちていたので、全く気がつかなかったのですが、夜中は、凄まじい大雨が降っていたようです。

    ですが、どなたか晴れ男がいらっしゃるのか、出かけるときには雨も上がってくれました。

    今回のツアーは、天気が悪い予報でしたが、歩くときには止み、雨が降っているときには幻想的な空間を見ることができ、そういう意味では、3日間共にすごく天気に恵まれました。

    本当に有り難いことです。

    昨日と同じ朝を過ごしました

    3日目の朝も、本堂でお経をあげて頂きながら、お焼香をさせて頂きました。

    その後は、これも昨日と同様ですが、護摩行を拝見させて頂きました。

    昨日の僧侶の方とは2名共に違ったのですが、やはり、僧侶が変わると雰囲気も変わるのですね。

    昨日は、僧侶の方の真後ろで見えない部分もありましたが、今日は、横から拝見できましたので、すべてを目に焼き付けることができました。

    終了後には、その煙を身体の痛いところに浴びるのですが、もちろん、首と肩に頂きました。

    軽くなりますよ〜に!



    護摩行が終わったら、朝食です。

    普段は、朝食を全く頂かないのですが、今回の旅では、昨日も今日もしっかりと頂きました。

    精進料理ではありますが、白ご飯をしっかりと食べていますので、痩せることは無さそうです。



    最終日のメインは、奥之院を詳細にガイドして頂きました

    奥之院に向かう途中に、数年前に建て替えられたばかりという、清浄心院がありましたので、せっかくですからお参りをさせて頂きました。

    これだけの建物を建築するのですから、その建築費用も・・

    そんなことを考えてしまうくらいですから、たったの3日では煩悩は消えませんw



    これが、奥之院の地図になります。

    1番奥の御廟に弘法大師空海がいらっしゃいますので、そこに向かうまでの道のりを、ガイドさんから説明を受けながら歩いていきます。



    こちらが奥之院の入り口になります。

    橋の真ん中は神様、仏様が通られる場所ということで、橋の端を渡るのが大事だそうです。

    胸の前に両手を合わせて、しっかりと礼をしてから、通らせて頂きました。



    昨日に引き続き、私たちに説明をして下さったのが、安川さんです。

    2004年から、このお仕事を始められたそうですが、最初は英語での案内をなさっていたそうです。

    道中、ヴェトナム(あとで聞いたのですが)人の若い女性から笑顔で話しかけられていましたが、数日前にガイドをなさったお客様とのことでした。

    ヴェトナムから一人、仏教に興味があって、この高野山に旅行に来られたというお話を聞いて、高野山という場所の凄さを改めて感じました。



    奥之院の1番奥、弘法大師空海が瞑想を続けられているという御廟を後にして、ナイトツアーとは別のルートで帰ることになりました。

    奥之院の1番奥は、写真を全く撮ることが出来ないため、なかなか説明のしようがありませんが、弘法大師空海に最も近づける地下法場で感じたことは、シンプルに【まだまだ】っていう気持ちでした。

    なぜなら、襖の奥にいらっしゃるとされる弘法大師空海のお姿を、はっきりとイメージすることが出来なかったのです。

    いらっしゃるような、いらっしゃらないような・・

    次回の訪問時には、また違った観え方になるということだけは、感じることが出来ました。

    それまで、修行ですね。



    南無大師遍照金剛
    南無大師遍照金剛
    南無大師遍照金剛

    弘法大師空海さま、どうか、お守り下さいと唱えているのですが、すっかり身体の中に入っちゃいました。

    M9notesは右脳を使える最新の道具

    今回の高野山2泊3日ツアーは、M9notesのクラウドファンディングにて、支援させて頂いたことがキッカケでした。

    企画して下さったコンピュータリブの中島社長には、何度もお伝えしたのですが、この機会が無ければ、もしかしたら一生、高野山に行こうとは思わなかったかもしれません。

    さらに、私はこれから東洋に進出しようと思っているのですが、その進出に大いなる影響を与えて下さいそうな同級生とのご縁も、今回参加していなければ、頂くには至らなかったと思います。

    大阪の師がいつも私に伝えて下さいます。

    一切の迷いが無いように【決める】ことが出来たら、あとは勝手に、向こうかやってくる。

    逆に言えば、将来を不安視して決められないのであれば、向こうからやってくることはない。

    今回の旅では、大阪の師の言葉を何度も何度も感じることが出来ました。

    そして、今までは、頭で理解していて、分かったつもりになっていたことも、はっきりと感じさせて頂きました。

    沢山感じさせて頂いた今の気持ちをまとめるには、やっぱりM9notesを使うのが1番だと思いますので、鳥栖に向かう新幹線の中で、取り組んでみます。

    私の右脳から何が引き出されるのか、これからが本当に楽しみです。



    それにしても、M9notesの開発者である中島さんの想いは、ものすごく熱かったです。

    私の心は、いつもこういう熱い想いをお持ちの方に反応してしまいます。

    そんな自分が嫌いではありませんので、そういう方のお力添えが出来る人物になれるように、日々、精進します!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.88

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です