時を知る!外の時間を機(き)と書き、自分の時間を気(き)と書く

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日の午後は、今年の7月29日に、常務取締役から代表取締役社長に就任する方の、2年間に及ぶ勉強会の最後の日でした。

来月からは、もうこの勉強会はありません。

代表取締役社長に就任するわけですから、何もかもが実学になります。

そして、起きること全ての責任を取ることになります。

その覚悟がなければ、最初っから経営者になるべきではないと思います。

彼に関しては、そのあたりは、全くもって問題ありません。

というよりも、覚悟とは何か、彼から学ばせて頂きました。

いかに東洋に進出するか

彼が見据えているのは、【アジアの住宅(暮らし)をジャパンクオリティで革新する】というものです。

そのためには、外の機と内の気が同時に熟する【時(とき)】を見極めなければなりません。

いつ種をまき、いつ花を咲かせるのか。

お金がある時に進出するとか、調子が良いときに進出するという決め方では、【その最善の時(とき)】を掴むことができません。

それこそ、【運】次第な経営になってしまうのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?



外の機と内の気を使う

地球も、私たち人間も、私たちが営む法人格も、エネルギーの影響を受けて存在しています。

地球規模で見るならば、東洋の時代とか、西洋の時代というように、どちら側のエネルギーが高まっているかによって、発展しやすかったり、発展しにくかったりするわけです。

これからは、東洋の時代と言われているということは、エネルギーの量が、東洋に傾くということですね。

人も法人も同じです。

自分の人生においても、あるいは、会社においても、エネルギーが高まる時もあれば、低くなるときもあるわけです。

大事なのは、外の機と内の気が重なり合い、【時(とき)】が熟する時期を知ることです。

その【時(とき)】に大輪の花を咲かせるのです。

そして、その時を目がけて種をまいておかないと、咲くものも咲かないですよね。

時を知り、時を使う。

これが、【真の経営計画】というものではないでしょうか。



NICE ONの10年ビジョン:10年で1,000社、天に導く

天とは、100年で道に至るということを意味しています。

つまり、100年単位で事業を構想することで、1,000社1,000名の経営者の皆さまを、これからの100年企業に導きたいのです。

経営者の後ろには、ご自身のご家族だけでなく、社員さんとその家族がいらっしゃいます。

NICE ONは、絶対的な【守】でありたいのです。

そのために、今、真剣に学ばせて頂いております。

また、共に学び合う仲間も大募集しております。

ご興味があれば、ぜひ、お声がけ下さいませ!

共に、時を知り、時を使いこなしましょう!



今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.95

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録