• 東京No.1と噂の【鮨 きのした】さんで至福のときを過ごしました

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    先日、【鮨 きのした】さんに行かせて頂いたのですが、別のことをブログに書いてしまいましたので、そのときのことを思い出しながら、あの空間を再現してみたいと思います。

    今日は、7月14日の日曜日ですので、お伺いさせて頂いたのは、ちょうど、1週間前になります。



    お誘い頂いたのは、2013年の夏、岡部明美さんの第7期LPL講座でご一緒させて頂いた、プロブロガーの立花岳志さんです。

    岳志さんには、約2年前にも、【鮓 村瀬】さんにお誘い頂き、その美味しさに悶絶してしまったのですが、今回は、さらに期待を膨らませておりました。

    なぜなら、お鮨が大好きな岳志さんが、【鮨 きのした】さんを、東京No.1ではないかと仰っていたからです。

    今回、私と同じように、【鮨 きのした】さんを初体験するメンバーは、岳志さんと私の心の分野のお師匠さんである、明美ちゃんこと、岡部明美さんです。

    明美ちゃんとは、2年前の【鮓 村瀬】さんでもご一緒させて頂きました。

    明美ちゃんから見れば、LPLの修了生である岳志さんと私は、キリンさんとゾウさんなわけで…
    ※第7期LPLの最終講にて、不健全なキリンさん・ゾウさん、健全なキリンさん・ゾウさんを演じたw

    そうなると、キリンさんとゾウさんを手名付ける鳥居園長先生が必要なわけですが…

    それはさておき…

    話を、【鮨 きのした】さんに戻しますね。

    お店に入ると、すぐ目の前がカウンターになっていました。

    8席しかないカウンターに、私たち3名を含めて、お客様が7名居ましたので、ほぼ満員という状況でした。

    そのカウンターの中央に座らせて頂き、左側に明美ちゃん、右側に岳志さん、目の前には、悶絶の料理が絶妙のタイミングで出されました。

    乾杯のシャンパンも、その後の白ワインも、本当に美味しくて…

    食事もメンバーも素敵でしたので、あの至福の2時間半が、完全に蘇ってきました。

    いや〜、それにしても、最幸の空間でした。

    ただ、お値段も最高でしたw

    ということで、頑張った自分に対するご褒美とか、大切な方との大切な時間とかで、またお伺いしたいと思います。

    お誘い頂いた岳志さん、今回も深く話をして下さった明美ちゃん、素敵な時間を本当にありがとうございました。

    次回もまた、岳志さん厳選の最高のお鮨屋さんで、再会いたしましょう!

    私事になりますが、東京にて本格的に始動している2020年4月ころかなと、勝手に思っております!

    ちなみに、頂いたお料理は、次の通りです。

    美味しそうに見えないものがあれば、間違いなく、私の写真の撮り方の問題です!











































    悶絶の1品ばかり。

    伝わりましたでしょうか?

    ぜひ、大切な方と行ってみて下さいね!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.97

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です