甲子園をかけた夏の県予選大会は、創部以来初のベスト4進出!次はいよいよ鳥栖高校と対決

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日の午前中は、息子の野球の応援でみどりの森県営球場に行き、帰ってきてからは、NICE ONの鳥栖本社にて、東京の会社さまとのZoomミーティングでした。

私が鳥栖高校で現役だったころは、今は無き佐賀球場がメイン球場でしたが、今は、とっても綺麗で広い、佐賀県立森林公園野球場(通称みどりの森)がメイン球場になっています。



先にベスト4を決め、待っているぞと言わんばかりの母校、鳥栖高校。

その鳥栖高校との対決をかけて、息子の高校が北陵高校と対戦です。

息子の高校は、ベスト8も創部以来初めてのことだそうですが、対する北陵高校は、ベスト4を決めると、創部初なのだそうです。

つまり、どちらが勝っても、創部以来、最も甲子園に近づくことになるわけです。

お互いにきっと目標にしていたはずですし、気合いが入りまくっていたことでしょう。



いよいよ、戦いが始まります。

試合前の整列は、やはり独特の空気感があり、スタンドで観戦している私たちにも、そのただならぬ緊張感が伝わってきます。



5回までのスコアは、1対1の同点でした。

ただ、スコアは同点ですが、息子の高校が押しに押しながら点が入らないという、いや〜な展開でした。



かたや、防戦一方の北陵高校の6回の裏の攻撃は、簡単にツーアウトになったのですが、突然、ピッチャーが乱れて、ストレートのフォアボール。

続くバッターがヒットでつなぎツーアウト1、2塁。

そして、次のバッターがライト前ヒットで追加点。

息子の高校が、押しても押しても取れなかった1点を、北陵高校は簡単にとってしまいました。



8回まで終わって、1対2で負けているのですが、スコアボードを見る限り、どう考えても逆じゃないとおかしな展開です。

これが野球というスポーツですね。

押されても押されても、ホームベースを踏ませなければ、決して負けはしない。

北陵高校が、我慢して我慢して、そんな戦いを見せてくれていました。



スタンドで観戦中の私たちにも、さすがに焦りの色が漂っています。

そんな中、息子の高校の選手たちは、誰一人として、諦めることは無く、勝利を信じていたようです。

1年生レギュラーの二人に変わり、途中から出場していた3年生が、最後の夏は終わらせないとばかりに、執念の同点打と逆転打!



4点目のホームを踏んだ、キャプテンでキャッチャーで4番の大黒柱のガッツポーズに、私たちスタンドの興奮も最高潮に達しました。

スタンドで応援している子供達も、全身でその喜びを表しています。

本当に最高の瞬間でした。



9回の裏、北陵高校は先頭バッターがフォアボールで出塁し、続くバッターのカウントもスリーボール。

やはり、簡単には勝たせてくれません。

何とか、ストライクが2つ続き、次のボールが運命の分かれ道でした。

キャッチャーミットは地面についていたと思いますが、バッターは空振り三振。

そして、スタートを切っていた1塁ランナーを、ソフトバンクホークスの甲斐キャノンばりに、見事に刺してくれました。

何の勝負にも、タラレバはないかもしれませんが、バッターが見逃していて、ノーアウト1、2塁になっていたとしたら…

この戦いの結末を想像すると、ゾッとしてしまいますね。

ノーアウト1、2塁のはずが、ツーアウトランナーなしで、勝利まであと1人という展開。

まさに、運命を分けた1球だったのではないかと思います。

最後の夏が終わってしまうかもしれないという、極限の中で戦っているわけですから、文章ほど簡単なことではありません。

普通なら、いつも通りなら、簡単にできることができなくなる。

こんな経験は、必ずや将来に生きてきますね。

両チームともに、本当に素晴らしい戦いをしてくれました。

たくさんの感動を、子供たちから頂きました。

体を反らしながら、全力で歌う校歌を、あと2回見させてほしい。

私たち親は、全力で応援するだけです!



今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.102

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録