• 数学無きものに科学無し。科学無きものに経営無し。

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    息子の夏の県予選大会は終わってしまいましたが、何人かの方から【夢と感動をありがとう!】という言葉を頂き、彼らの全力は、親だけではなく、色んな人に伝わっていたのだなと、再びこの夏の感動が込み上げてきました。

    子供たちの頑張りによって、【甲子園】という夢を見させて頂いたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

    本当にありがとう!最高でした。

    2006年から学び続けている西流教育とは何か

    昨日は、西研究所の西順一郎先生から学ばせて頂きました。

    西先生からは、2006年から学ばせて頂いておりますが、その思想は全く変わることがありません。

    その明確な土台の上で、私たち自身が【自由闊達】に学び合いながら高め合っていくところに、【西流教育】の凄さを感じずにはいられません。

    その思想を体現できているか?

    インストラクター(教育者)の善し悪しは、その一点で決まると西先生は仰いました。

    井深大さん、本田宗一郎さんを、そのインストラクター(教育者)から感じるか?

    そして、お二人のようにはなれなくても、せめて、小・井深、小・本田のような人格者になろう。

    西先生の言葉が、スーッと心に響きました。

    私自身、インストラクターとして、お志事をさせて頂いてますので、肝に命じておきたいと思います。

    西流経営の特異性は、科学経営にある

    西流経営は、その観点から3つに分けられます。

    それは、【科学経営】【戦略経営】【全員経営】の3つです。

    そのうち、おそらく他の誰も言っていないのが、科学経営になります。

    つまり、科学経営というのは、西先生しか考えておられないのではないかというくらい、珍しいことなのです。

    19世紀最大の数学者の一人であるカール・フリードリヒ・ガウスの有名な言葉に、【ある学問の科学性は、その中にどれだけ数学が含まれているかだ】というものがあります。

    これを、経営に置き換えてみたいと思います。

    経営には、【会計】がつきものです。

    稲盛和夫氏は、【会計ができなくて、経営ができるか!】と仰っています。

    その会計の世界というのは、最も古く、最も進化していない学問として認知されているそうです。

    会計といえば、【数字】ですよね。

    というより、どちらかといえば、数字だらけですよね。

    ここがポイントなのですが、進化しないのは、数字であって、【数学ではない】からです。

    そして、数学ではないから、【科学】でもない。

    つまり、科学でないということは、今の会計は【文学】だから、経営には使えない。

    だから、今までの会計を使っている会社に、【科学経営】はない。

    結論、【儲からない!】となるのです。

    西先生は、300年後の会計ということで、【MQ会計】【マトリックス会計】を、世の中に発表し、推進なさっています。

    なぜ、300年か?

    今までの会計は、できてからすでに600年という年月が経っており、この文化をひっくり返すのには、やはり、300年くらいはかかるであろうという意味です。

    今、私が学ばせて頂いてる会計は、【数学】であり、【科学】であり、【300年後の姿】なのです。

    そこには、壮大なビジョンがありますよね!

    これからも、真摯に学び続け、そして、先生の想いをしっかりと伝えていきたいと思います。



    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.108

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください