3時間半の工場見学!現場にこそ真実あり!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

甲子園をかけた夏の佐賀県大会は、佐賀北高校が5年ぶり5度目の出場を決めました。

息子の高校はベスト4で敗れ、母校は決勝で敗れました。

息子は、佐賀北高校を第1志望、鳥栖高校を第2志望にしていた時期があり、この結果をどう受け止めているのでしょうか。

あれだけ、佐賀北に行くと言っていた時期が、何とも懐かしいです。

でも、有望な1年生が沢山居ますので、息子の高校が、これから更に強くなるのは間違いありませんので、すごく楽しみにしています。

3時間の工場見学!現場にこそ真実あり!

今日は、現場の改善がなかなか進まないということで、その理由をハッキリとさせるために、工場内を丁寧に見させて頂きました。

会議室で、あーだこーだとミーティングすることも大切だとは思いますが、真実が正しく表れているのは、【現場のあるがままの姿】です。



工場内を、1つ1つ説明を受けながら進んでいると、いかにもな場所に遭遇しました。

1つ前の工程の方から説明を受けていた時の違和感は、この真実に繋がっていたのか…

工場ではなく会議室で、何を考え、どういう取り組みをしているかについて聞いていたとしたら、この状況は、想像できなかったかもしれません。

見ずば知らじ

これは、ソニーの元取締役工場長だった小林茂氏の名著である【チームマネジメント】の巻頭の言葉なのですが、現場を見ていないのなら、知らないのと同じだという意味です。

改めて、この言葉の意味をしっかりと感じることができました。

在庫は時間!時間はお金!

決算書では、在庫はお金で換算しますが、経営を良くしようとするなら、在庫は【時間】で換算するのが良いと思います。

つまり、在庫は時間ですから、その数え方は、何日分とか、何時間分とします。

なので、添付の写真も時間単位で教えて頂きました。

例えば・・

下の写真の仕掛品が、1ヶ月分だとしたら、これを作っている前工程は、今、何もしなくても良いはずですよね。

なぜなら、次の工程が動ける仕掛品が、ここに【1ヶ月分】もあるのですから。

しかし、現実は、前工程の方が、【最速で物作りをするにはどうしたら良いか】を考え、今もなお、作り続けていました。

自分たちの最速・・

これを、部分最適と言いますね。

部分最適の総和は、全体最適とイコールではありません。

自分たちは良くなっても、その結果、会社が悪くなっているのであれば、それは改善とは言いません。

皆さん、良かれと思って会社のために頑張っていらっしゃるわけですから、本当に怖いことです。

ちなみに…

9月に必要なものを、今、最速で作っているチームに対して、皆さまなら、どういう声をかけますか?

1ヶ月、その現場をストップした方が会社が良くなるということを、どうしたら受け入れて頂けるでしょうか?

これは、組織の健康状態を司るのが、気・血・水だとすると、気の話になりますね!

ということは、ここからはSTRの出番です!



こういう瞬間に、STRを学んでいて良かったと、心から思うのです。

STRは、リーダー必須の学びです。

楽しく学べますから、STRコミュニケーション協会のサイトを、ご覧くださいね!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.109

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録