• 究極の一品を聞くなら◯2(まる に)タイプ!信頼できるお店で、かつ、自分も食べて納得したものしかお勧めしないという半端ない信頼感!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日から東京に行ってる息子ですが、珍しく自分から、妻にLINEを送ってきたようです。

    妻も、何事?と思ったみたいですが、送られてきた内容は、ツインルームの写真と、1人なのにツインやったという言葉のみ。

    妻曰く、よっぽど伝えたかったのだろうと…

    思わず、笑ってしまいました。

    究極の一品を探求するのは、STR(素質適応理論)スコアの◯2タイプ

    大切な方に会いに行く時など、手土産に何を持っていくか、悩む時ってありますよね。

    そんな時に頼りになるのが、STR(素質適応理論)スコアの、◯2タイプの人です。

    ◯2タイプの女優さんを探してみると…

    中村玉緒さん




    竹内結子さん




    小雪さん




    などが、いらっしゃいました。

    【古風で家庭を守る】と言われている〇2タイプの女優さんです。

    ぜひ、お話を聞いてみたくなりますよね〜

    皆さまの近くにも、きっといらっしゃいますので、探してみて下さいね!

    誕生日さえ分かれば、こちらから探すことが出来ますよ!

    SSTR(素質適応理論)スコアの〇2タイプの特徴

    ◯2タイプをひと言で表すと、【愛すべきご隠居さん】タイプです。

    伝統と実績が分かると大丈夫だったり、逆に、実績と経験を否定されるとダメだったりします。

    つまり、実績と経験の無い人のことは、あまり信用できないタイプの人です。

    そうすると、〇2タイプは、経験値を大事にするタイプと言えそうですね。

    この素質と【究極の一品好き】という素質が重なり合っているので、手土産を聞くなら〇2タイプとなるわけです。

    また、その精神性を【魂→胎児→赤ちゃん→子ども→少年少女→青年→大人→社長→会長→老人→危篤→葬】という順番で表すなら、〇2タイプは、【会長】にあたります。

    きっと、幼い時から、落ち着いてるねぇとか言われていたと思いますし、深く深く探求していくような教科に、興味関心があったのではないかと推測します。

    明らかに、私のような、□3(しかく さん)タイプとは違いますね。

    □3タイプは、【子ども】ですから、とにかくヤンチャで、短期で決着がつくような戦いに燃えます。

    相当な負けず嫌いなんですよね、□3タイプは。

    なので、公園での遊びは専ら、喧嘩ごま、メンコ、野球でした。

    負けた日は、悔しくて悔しくて、ずっと泣いていましたw

    ▢3タイプは、その悔しさが、相当自分自信を強くします。

    なぜなら、負けたくないから勝手に努力するのです。

    人は、そもそも違う。

    シンプルな言葉ですが、とっても大切な言葉ですね!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.119

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です