即効性抜群なTOC!いつも18時頃にバタバタしていた会社が、16時には業務が終わる会社へ!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


台風が近づいてきているようですね。


明日から、博多にて研修ですが、その影響を受けないのか、すごく心配です。


随時、台風情報をチェックして、早め早めの意思決定をしたいと思います。



半年間で成果を出す!第1期BEST PERFORMANCE研修

先月から始まった【BEST PERFORMANCE】研修の第2講のため、昨日から、大阪に来ています。


BEST PERFORMANCE研修は、TOC(制約条件の理論)の考え方を中心に、6ヶ月で業績をアップさせようというものです。


TOCとは、イスラエルの物理学者である故・エリヤフ・ゴールドラット氏が提唱したものですが、現在から将来にわたり【お金を生み出し続ける】【市場を満足させる】【社員に幸せな環境を与える】ことを目的としています。


そして、その評価基準は、【スループット】【在庫】【業務費用】の3つになります。


つまり、この3つを良化させることが目標となります。


スループットとは、在庫を販売することで得られる、すべての【お金】のことです。


在庫とは、販売しようとするものを購入するために投資した、全ての【お金】のことです。


業務費用とは、在庫をスループットに換えるために費やした、全ての【お金】のことです。


お気付きだとは思いますが、評価基準の3つともに【お金】というキーワードがあります。


目的の1つに、【現在から将来にわたり、お金を生み出し続ける】とありますので、当然といえば当然なのですが、目標が目的に向かっていることが大切なポイントです。


今回、この研修に、4社の皆さまが参画して下さいました。





12月に成果発表会が開催されるのですが、心からワクワクしたものになるように、全力で支援させて頂きます。



TOC研修による、嬉しい経過報告を頂きました

7月30、31日に開催した、清水式TOCジュニア2日間の研修なのですが、嬉しい報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


ご報告を頂いたのは、価値観経営メソッドを全国に展開する、有限会社せれくとの木元秀典社長です。





全国を飛び回っている木元さんからのご報告、本当に嬉しかったです。


以下、原文をそのまま掲載します。


仕事の見直し! 「忙しい!」は幻であることを証明する実験
————————————————————————————
「16:00に仕事が終わって、16:00以降は好きに時間を使えるために業務フローを見直そう」と、ネット通販のチームの業務フローの見直しを提案(^^)


仕事でまとめてやっているものを小口化して、一個一個終わらせる(通常、受注や問合せが終わると、午後から銀行の締めと出荷が始まるが、この一連の流れを午前で終わらせ、午後にもっと小さい単位でばらして終わらせる)

この1週間は、試験的に色々試しながら、業務フローの勘所をチームで探っていく予定。ちなみに新人も増えて、教える業務とかもあるからいつも18:00前にバタバタしてるのに、現状は16:00には仕事が終わりそうな気配(笑)

バッファを食いつぶし続けながら仕事をやると後ろで苦労する。でもって「忙しい、忙しい」ってなる。
時間のバッファを後ろに持ってくると決めて取り組むと一日の終りが優雅に終われる。
ここから1週間のチームの進化が楽しみです(^^)
四ケ所 秀樹 (Hideki Shikasho)TOC効果が見れそうです★
残業削減に取り組みたい方は四ケ所さんに連絡してみてね〜。
————————————————————————————
「決める」事から全ては始まる(決めないと流される人生)
「結果」は、分析指標。決めたら結果が出る。だから改善できる。決めないと結果だけに振り回される。
————————————————————————————
業務は小さく小さく小分けにする(^^)
以前、「まとめてやるから効率的神話」を変えてくれない人が居て、何度か話し合うも意見が合いませんでした。当時はエビデンスを私が示せず、小分けで仕事を試験的に取り組んでもらえるところまで行けなかったので、まとめてやるがそのままに過ぎてしまいました。

現象としては、
まとめてやる。→まとめてるから段取りが崩れることを嫌い、話しかけるなオーラを出す。→それでもたまにイレギュラーがあるから感情的になる。→周囲にピリピリとした空気を醸し出す。→他の人の業務フローがその人の機嫌待ちになる…
現状は、違う人が同じ業務をやっていて、以前は1ヶ月分をまとめて居た仕事を、小分けして都度発生時に終わらせています。非常にスムーズに仕事が進んでいます(^^)
「まとめてやるから効率的神話」を壊すと会社が優雅になりますよ(笑)



以上、転載終わり。


この文章には、TOCでお伝えさせていることが、凝縮されていると思います。


情景が思い浮かびますので、現場がどうなっていて、これからどうなっていくのか、ワクワクしますねー!


もともと、突き抜けた会社さまですが、さらに突き抜ける予感です。


こういうご報告は、兎にも角にも嬉しいです!


朝から、最高な気分になりました!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録