毎日3つの課題に答え続ける【交換日誌】は効果抜群

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日は、大阪の師のもとで、朝10時から夕方5時まで学ばせて頂きました。

内容が豊富すぎて、頭の中を整理するのには、まだまだ時間がかかりそうですが、いくつかご紹介させて頂きます。

皆さま、【倫理】【道徳】の違いをお答えできますでしょうか?

道徳とは・・【外なる規範】である。

〇〇べきだから、〇〇してはならぬ。というもので、【時代に応じて】変わります。

そして、【与えられた】ものです。

一方で、倫理とは・・【内なる規範】である。

〇〇したくないから、〇〇しない。というもので、【時代が変化しても】変わりません。

つまり、【内にある】ものです。

だからこそ、倫理は、【作るもの】ではなく、【気付くもの】なのですね。

言葉のプロに作って貰うものではなく、経験や学びの中で、感化され、気付くもの。

そして、そのことに気付いたとき、腹の底から湧き上がるエネルギーを感じるのですね。

すごく腑に落ちました。

言葉の持つ威力を感じさせて頂きました。

交換日誌のすすめ

今、ある経営者と交換日誌をしています。


Share knowledge.


交換日誌と言いましても、その内容は、【3つの課題】に答えるというものです。

その3つの課題は、毎日変わるのではなく、【ずっと同じ】です。

そして、その課題は、日々、【自らが意識】したいことを【自らが設定】して頂きます。

例えば、

・自らを律する
・何を言われても気にしない
・社長力を高める
・多忙に使われない


といったものです。

1日が終わったら、3つの課題に対して【向き合い】どうだったかを振り返って頂きます。

そして、書き終えた日誌を送信して頂き、その内容を拝見し、私なりに思ったこと、気付いたことを、返信させて頂いてます。

交換日誌をして気付いたことは、まず、【言葉の共通認識】が深まるということです。

毎日、同じ課題に向き合って頂きますので、どういう意味で書いていらっしゃるのか、曖昧にせず、しっかりと質問できます。

次に、3つの課題を振り返り続ける経営者の言動が、どんどんと【変化】していくのが、手に取るように分かってきます。

さらには、起きている事象に対して、何が足りていないのか、【経営者自らが】気付き、【自らが考え】、実行されますので、兎にも角にも【変化】が起きます。

その【変化】に対して、改めて3つの課題で振り返りますので、さらに【良化】していくのです。

問題は・・

毎日、毎日、書き続けられるかどうかです。

なかなかに大変そうですよね?

しかし、やれば必ず【変化】が起きる交換日誌。

皆さまも、取り組んでみては、如何でしょうか?

お互いに、すごく成長できると思いますよ!

Growth Graph Chart Business Plan Strategy Concept


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.136

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録