• 適応値が高すぎる人は、多趣味になることや、同じ場所に居続けないことが大事!だから、お志事も甲子園もキングダムも全てが大事!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    私のSTRスコアは、
    【我 ▢3陽 △2 ▢3 P54】なのですが、
    最後の【P54】は、パワフル54ということで
    この社会を生きていくための【適応値】
    意味しています。

    0(ゼロ)を基準として、
    最も高いのが【パワフルの100】くらい、
    最も低いのが【デリケートの50】くらい
    だそうです。

    高いから良くて
    低いから悪いということではなくて
    それぞれに
    そのスコアの生かし方の
    違いがあるのです。

    先ほど、私の適応値はP54と書きましたが、
    STRコミュニケーション協会の診断によると
    次のようになっています。



    そうなんです。

    私は、適応値が
    【高すぎる】のです。

    高すぎるからダメではなく、
    その適応値とうまく付き合っていくためには
    どうしたら良いのか。

    そこがポイントですよね。

    よく、
    【四ケ所さんって移動しまくってますよね】とか
    【自宅には全然居ないでしょ】とか
    言われるのですが、
    私の適応値からすると
    【だから良い】のです。

    仕事一筋とか、
    家族一筋とか、
    何か1つに夢中になればなるほど
    その1つを壊してしまう。


    そして、
    自分も壊れてしまう。

    だから、
    私にとっては
    【やりがいのある仕事】があり
    【愛する家族】があり
    【大好きな甲子園】があり
    【熱中するキングダム】があり
    【発散するトレーニング】があり
    【リラックスする長風呂】がある
    ことが大事なのです。

    パワフル54の適応値を
    上記に分散したとしても
    もしかすると
    その場に居合わせる
    デリケートな人にとっては
    きついかもしれません。

    その場は楽しかったとしても
    家に帰った途端に
    ぐったりしてしまうかもしれません。

    熱い人が適応値が高く
    静かな人が適応値が低いのではありません。

    調べてみないと分からないところに
    適応値の怖さが潜んでいます。

    コミュニケーションの量が増えると
    何となく、STRスコアの基本である
    〇△□の区別はついてきますが、
    適応値だけは分かりません。

    私は、自分の適応値を知ることができて
    本当に良かったと思っています。

    そして、
    大切な人たちの適応値が知れることにも
    STRの価値を感じています。

    大好きなキングダム。



    55巻も最高でした。

    長風呂しながら
    すでに5回
    読み返しました。

    主人公である信の適応値は・・

    強いから、弱いから・・

    うるさいから、静かだから・・

    そんなことでは分からない
    適応値という存在。

    STRコミュニケーション協会にて
    ぜひ、自らの診断書を
    手に入れて下さいね。

    一人5,000円だそうですが、
    自得(自分を知る学び)のためにも
    とても価値があると思いますよ。

    今回もまた、
    ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、
    誠にありがとうございました。

    今後とも、
    どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください