大木ゆきの著:神様にお任せで、勝手にお金が流れ込む本

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日は、息子が所属する野球部の、卒部式が行われました。


この夏、あと2勝で甲子園という夢を見させてくれた3年生。


1人ひとりの感謝を述べる言葉が、胸に響きまくりました。


人間力を掲げている高校だけに、辞めることなく、最後まで歯を食いしばって頑張った3年生には、これから、輝く未来が待っていることでしょう。


自らの無限の可能性を信じて、真っ直ぐに突き進んで欲しいです!


それでは、今日のブログです。



お金が【ある】状態になるためのマインドセット

お金があることと豊かさは別物ですが、お金で悩むのは辛いですよね。


なので、お金で悩まないためにも、働いたり、蓄えたりします。


ただ、お金を稼ぐために働くことと、お金が入ってくることとは、どうやら別物として考えた方が良さそうです。


今日は、神様にお任せで、勝手にお金が流れ込む本のご紹介です。




この本の冒頭、こんな質問が書いてありました。


突然ですが、問題です!


あなたと全く同じ容姿、性格、能力のロボットができました。


このロボットにいくらの値段をつけますか?


皆さまなら、なんと返事なさいますか?


この本の大切な要素は、この問いに対する自らの感情に集約されていると思いました。


どういう返事をしても構いませんが、その返事が【どういう気持ち】から生まれているのか。


そこに向き合い、お金が【ある】状態になる【マインド】に整えていく方法と、その理由が分かりやすく説明されています。


その中に、【福の神】の存在が書かれているのですが、私が最近学ばせて頂いてたことと、ズバリ一致していました。


我れ、天と一体化


これは、私のこれからの10年の【心構え】を示した言葉なのですが、この【天】【宇宙】を表しています。


この宇宙のことを、著者の大木ゆきのさんは、分かりやすく【福の神】として書かれておりました。


この表現が、スーッと心に届いてきて、自分の【内なる世界】を感じることができました。


お金というキーワードで書かれた本だと思いますが、お金に囚われず、【豊かさをもたらす生き方】として、この本を読んでみても良いのかなと思いました。


周りを大切にすることはもちろん大切ですが、自分という【この世に1つしかない存在】を、もっともっと大切にしなきゃって思わせてくれる1冊でした。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.140

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録