• 牛と蛇、飲水の如し・・事業構造そのものが変わらなければ、作り出されるモノの根本は変わらない

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日は、第7期博多示道塾の第2講でした。
    ※第1講の学びにつきましてはこちらからどうぞ!
    第7期博多示道塾第1講

    問題対処と問題解決について、お客様への価値創出という観点から、13時から19時まで学び合いました。

    この第2講に関しましては、また改めて、ブログにて報告させて頂きます。

    第7期は始まってしまいましたが、まだまだ、共に学ぶ仲間を大募集しておりますので、ぜひ、お声がけ頂けると嬉しいです。

    同じ材料なのに、事業構造が違うと出来上がるモノが違う

    皆さま、【牛と蛇、飲水(いんすい)の如し】という言葉をご存じでしょうか?

    ここに井戸があり、美しい水が湧き出ています。

    牛と蛇が、この美しく澄んだ水を飲みに来ました。

    この水を飲んだ牛から出るのは、人間を育む美味しい牛乳です。

    そして、この水を飲んだ蛇から出るのは、人間を殺してしまう毒液です。

    全く同じ水を飲んだのに、両者から出るモノは全く違う・・

    いったい何故でしょうか?

    それは、身体の構造そのものが違うからです。

    これを、経営で説明するならば、事業構造そのものが違うということです。

    この事業構造を変えない限り、どんなに入ってくるモノを変えたとしても、出来上がるモノの根本は変わりません。

    皆さまの会社の事業構造は、これからの時代に適っているでしょうか?

    もっと長い目で見るのであれば、真理、道理、摂理に、適っていますでしょうか?

    もし、適っていなければ、事業構造そのものを作り替える必要があります。

    つまり、優位性の再構築です。

    ただし、その事業構造も、考え方次第では、どんな形にもなるということを、肝に銘じておく必要があります。

    10年をかけて、今から事業構造を作り替えましょう。

    10年かけて、良い会社を創りましょう。

    それが、これから100年続く企業の礎になりますから。

    どんなに逆境がきても・・

    どんな材料であっても・・

    皆さまの会社を通過すれば、いいモノができ、いい人財が育つ。

    そんな事業構造に、作り替えましょう。

    そのためには、まず、10年の事業構想を描くことが必要です。

    Gold chinese horoscope zodiac animals. Vector symbols of year isolated on red backdrop. Illustration of calendar astrological monkey and rooster

    2029年末、皆さまの会社は、どんな会社になっていますか?

    10年あれば、どんな会社も変えられます。

    ワクワクしながら、未来を創造してみて下さいね。

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.156

One Responseso far.

  1. […] まさに先日ブログにてご紹介させて頂きましたが牛と蛇、飲水の如し・・と同じ事ですね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください