• いざという時に強い組織とは?和して同ぜず、同じて和せず。【考え方】を合わせ持っていれば、【考え】はいくつあってもいい

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日から、
    新しいチャレンジのために
    大阪に来ております。

    このチャレンジは
    7月に始まりましたが
    結果が出るのは12月になります。

    どんな成果が出るのか
    今から楽しみでなりません。

    事例発表会を予定しておりますので
    また改めて
    ブログにて報告させて頂きますね。

    和して同ぜず、同じて和せず

    皆さま、
    この言葉をご存じでしょうか?

    これは、
    論語にある言葉なのですが、
    【君子和而不動 小人同而不和】
    と書かれています。

    つまり、実際には
    【君子、和して同ぜず、小人、同じて和せず】
    と、なります。

    この言葉に出会ったキッカケは
    今年で7年目を迎える
    【博多示道塾】での学びです。

    ※示道塾につきましては
    こちらからどうぞ!
    人間力を鍛錬する
    唯一無二の学びの場


    塾頭である大原光秦さんから
    【士氣の上がらない組織の象徴】として
    この言葉を教わりました。

    あるとき、
    グループディスカッション
    (あえて、対話とは書きません)を
    見ていた大原さんが、
    参画者に対して
    次のように仰いました。

    迫力が足らん!
    誰のためにもならん!


    そういうこともありますよね〜
    という言葉を聞きたいのではなく、
    自らの【考え方】をぶつけて欲しい。

    そのときに教わった言葉が
    【和して同ぜず、同じて和せず】
    でした。

    考え方を合わせ持つ前に
    和した【ふり】をする組織、
    つまり、
    【同じて和せず】な組織は
    何も為しえない。



    そもそも
    力を発揮できる訳がない。

    和してないのだから。

    和してないということは
    いざという時に
    一致団結できず、
    他人のせいにしてしまう。

    そして、
    問題対処型の
    何の解決にも、誰のためにもならない
    会議を繰り返すことになるのです。

    皆さまの会社は
    如何でしょうか?

    和してますか?
    それとも
    同じてますか?

    では、
    和するためには
    何が必要でしょうか?

    その1つの方法が
    【本氣の対話】です。

    考え方を合わせ持つために
    相手の【考え方】に興味関心を持ち
    その【背景】にあるものを
    引き出していく。

    そのためにも
    【自ら】の考え方
    そして
    その背景にあるものを
    お伝えする。

    さらに、
    お互いの【考え方】
    批判、否定するのではなく
    その【違い】を合わせていく。

    そうやって
    考え方を高め合っていく。

    この対話こそが、
    いざという時に、主体的に
    動くことができる【人間力】
    繋がっているのだと思います。

    示道塾は
    技術を身につける研修会ではなく
    学びを深める学習会です。

    だからこそ、
    ディスカッションを通して、
    【自らの成長】だけでなく、
    【周りに貢献する】ためにも
    【本氣の対話】を心がけています。

    このことは、
    私が講師を務めさせて頂くときにも
    意識しています。

    【考え方】を合わせ持っていれば、【考え】はいくつあってもいい

    もう、お気づきですね。

    いざという時に強い組織は
    【和してる組織】です。

    そして、
    和している組織は、
    考え方を合わせ持っています。



    ここで大切なことは
    その考え方から出る【考え】
    多種多様であった方が
    良いということです。

    考え方を合わせ持った上で、
    考えは、無数に溢れ出る組織。

    これは、強い。
    ものすごく強いです。

    京セラの稲盛和夫氏は
    【考え方】というのは、
    0点から10点満点ではなく
    マイナス10点から10点満点まであると
    述べられています。

    では、
    10点満点の考え方を合わせ持った組織とは
    どうやって醸成されていくのでしょうか?

    1つだけ絶対に言えることは
    考え方を合わせ持つためには
    全力で何かに取り組み
    本氣でぶつかった
    経験があるということです。

    めんどくさい・・
    うざい・・

    そんな言葉からは
    考え方を合わせ持つ組織は
    生まれません。

    お客様への【価値創出】
    本氣で考えるからこそ起きる
    本氣の対話。

    そして、
    本氣の対話だからこそ
    問題解決に至るのです。

    皆さまの会社では
    本氣の対話が起きていますでしょうか?

    これからの時代を
    力強く生き抜いていくために
    【現場の士氣】
    高まっていますでしょうか?



    その大いなるヒントが
    示道塾という学びの中に
    ありますよ!

    示道塾の見学は
    随時、受付しておりますので
    ぜひ一度、
    足を運んで頂けると嬉しいです!

    今回もまた
    ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き
    誠にありがとうございました。

    今後とも、
    どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.157

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です