• STR(素質適応理論) □タイプの経営者の飛躍のカギは、自分より能力が高い社員さんとの関わり方…

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日は、日田の会社様(製造業)にて、コンサルのお志事をさせて頂きました。

    繁忙期に入り、今まで出来ていたことが出来なくなり、元に戻そうという力が働いてしまっているように感じました。

    こういうときこそ、原点回帰ですね。

    取りかかりが遅れてはならぬ

    余裕(バッファ)は最後に

    この2つを確認させて頂きましたが、取りかかりが遅れ、バッファを途中で持とうとしていることが分かりました。

    やはり、全体をコントロールする人が必要だと、改めて感じました。

    日々、学びの連続です。

    ▢タイプの経営者の飛躍へのカギ・・それは、自分より能力が高い社員さんとの関わり方

    先日、ブログにてお伝えさせて頂きましたが、シンガポールに同行したメンバー9名のうち、8名が【▢タイプ】でした。

    こちらから、無料にて調べられますので、皆さまも、ご自身、あるいは、大切な方の誕生日を入力してみて下さい。
    STRコミュニケーション協会

    もっと詳しく知りたい方は、有料(5,400円)になりますが、こちらで資料を入手することができます。
    STR診断書

    ほとんどのメンバーが、常日頃から共に学んでおり、かつ、【▢タイプ】ばかりでしたので、今回は、【▢タイプの経営者】という切り口で、話が進みました。

    その中で、唯一の【△タイプ】の経営者から、【□タイプ)】は、1つ1つのことに自らがそれを上回ろうとしているのではないか?との問いを頂きました。

    とても優秀な社員さんが、入社して下さったとしますよね。

    そして、その社員さんの能力は、自分よりも遥かに高いとしますよね。

    【△タイプ】の経営者であれば、その能力を活かすことで、もっともっと次元の高い経営を創造すると思います。

    【〇タイプ】の経営者であれば、その能力というよりも、まずは、その人となりを知ること、つまり、仲良くなることから考えるでしょう。

    では、【□タイプ】は・・?

    その社員さんの能力に負けないように、【自分】が努力し始めるのではないか・・?

    【▢タイプ】特有の、【負けたくない】という気質が、まだまだ【全体】ではなく【個】のステージにある人は、自分より能力が低い人がいると、【自分でやった方が早い】とか、逆に、自分より能力の高い人がいると、それに【負けまい】としたりとか、【個】【個】の勝負で人を見てしまう傾向が強いです。

    つまり、【▢タイプ】の経営者は、一刻も早く【個】から【全体】へ、その視点を移さなければなりません。

    【負けたくない】という気持ちの対象を、【個】に置くのではなく、もっともっと次元の高い【何か】に置くのです。

    ・今まで誰も解決出来なかった問題に負けない会社
    ・地球を汚染するものに負けない会社
    ・平和を壊そうとする存在に負けない会社


    如何でしょうか?

    個ではなく全体を考えることで、□タイプの【強さ】が活かされると思いませんか?

    そのカギは、自分より能力の高い方との関わり方にあります。

    □的に言えば、その社員さんを使いこなせるか?が、大いなる飛躍へのポイントです。



    【個】ではなく、【全体】のステージに立っている□タイプの経営者であれば、その存在がありがたく最強の助っ人を得た将として、戦いに挑むでしょう。

    まだまだ、【個】のステージに立っている□タイプの経営者であれば、主役の座を渡すまいと、その社員との戦いに挑むでしょう。

    なにか、自分に言い聞かせているような、ブログになってしまいました。

    すごく、勉強になりましたw

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.173

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください