私の中でのNo.1ラーメン店は、久留米のひろせ食堂で決まり!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

10年運気、1年運気、月運気が、揃いも揃って空亡となる今月と来月。

さっそくですが、愛車レガシーのエンジンが突然かからなくなり、今度は、iPadが故障しました。

全てを受けて立つという心持ちでいますので、全てをそのまま受け入れられていますw

ここまであからさまになると、それはそれで順調だと思ってしまいますね。

もう笑っているしかありませんw

私の中でのNo.1ラーメン店は、ひろせ食堂で決まり

皆さま、ラーメンはお好きですかー?

私は、ラーメンが大好きです。

その中でも、私は根っからの九州人ですから、豚骨ラーメンが大好きです。

九州には、全国でも有名な一風堂、一蘭はもちろんですが、他にも、豚骨ラーメンの美味しいお店が沢山あります。

今では、その店舗に行かなくても、福岡空港や博多駅にも複数のラーメン店が並んでいますので、九州以外の方も、豚骨ラーメンを食べる機会は増えているのかもしれません。

ただ、私の中でのNo.1ラーメン店であるひろせ食堂は、久留米に行かなければ食べられません。



もう10年以上、人手不足と書かれ、お店の中のテーブルは減り続けていますが、それでも、お客様は並び続けているという、なんとも不思議なラーメン店です。

オペレーションが良いとはお世辞にも言えず、めちゃくちゃ待たされることもありますが、入り口には【お待たせ致します】と書いてありますので、文句は言えません。



というより、待つ時間が長いので、ラーメンがめちゃくちゃ待ち遠しくなります。

メニューはというと、これだけしかありません。



いや、ほとんどの人が、単品での注文というよりも、ラーメンと焼きめしをどう組み合わせるかという、セットを注文しています。



どうですか〜?

気になるでしょ〜?

夕方にはお店を閉められていると思いますので、食べるなら、並ぶことを前提に、お昼一本勝負ですw

今日は、久しぶりに来ましたので、大ラーメンセットを注文しました。

これが大ラーメンです!



九州の文化である替え玉はありませんので、替え玉を楽しみにしている方は、大ラーメンがお勧めです。

ちなみに、麺は全く見えませんが、中麺のストレートです。

そして、スープは、塩味がほどよく効いて、そこまで濃厚ではありません。

次に、セットの焼きめしですが、ミニサイズではなく、普通サイズの量が出てきます。
※普通サイズとはいえ、一般的なお店だと【大】に相当する量です。



熱々のフライパンで、空気を入れながら炒めるチャーハンと違い、ゆっくりと混ぜながら作られる焼きめしです。

これが、絶妙な味付けで、本当に美味しいんです。

なので、ひろせ食堂に来たら、必ず焼きめしとのセットを注文します。

もう太ることなんて気にしていたら、損をしてしまうセットですね。

なので、ひろせ食堂に行ったら、とことん幸せを味わうことにしましょう!

いや〜、今日も最高に美味しかったです。

どんなに待たされようと、古かろうと、やっぱり私のNo.1は、ひろせ食堂で決まりです。

皆さまも、久留米にお越しの際は、必ず行ってみて下さいね!

ちなみに…

昔は余裕でセットを食べられていましたが、今はもう、これが限界です。

当分の間、ラーメンと焼きめしは食べなくて済みそうです。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.187

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録