• 2019年11月11日 NICEONは、本日から9年目に突入します!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    いつもブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

    当初は、自分自身の訓練のために始めたブログではありましたが、218日間、1日も休むこと無くブログを書き続けることが出来たのは、間違いなく、読んで下さってる皆さまの応援の力があってこそです。

    本当にありがとうございます。

    心から感謝申し上げます。

    これから、もっともっと表現力を身につけて、少しでも皆さまのお役に立てるような内容にしていきますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    2011年11月11日 NICEON設立

    私は、関西学院大学を卒業してすぐに、父が経営する【合資会社こちら総務部】に入社させて頂きました。

    全てのお客さまの総務部になる!

    これが、創業者である父が、こちら総務部という社名に込めた想いです。

    私の仕事は、税理士である父の補佐でした。

    1年目から、担当のお客さまを持たせて頂き、10年経つ頃には、約30社のお客さまと、直接的な関わりを持たせて頂けるようになりました。

    今思い返しても涙が出るくらい、お客さまには、本当によく可愛がって頂きました。

    中国の四川省への同行出張や、全社員研修など、様々な経験をさせて頂きました。

    当時の1つ1つの経験が、今の私の礎になっていることは間違いありません。

    ただ・・

    税理士事務所としてのサポートではなく、経営のサポートをしたい・・

    学べば学ぶほど、その想いはどんどん強くなりました。

    そして、その想いと同じくらい、四ケ所家の長男として悩みました。

    そんなときに、社長である父が、私たちは、税務のプロ集団になる!と宣言しました。

    今となっては、そう言ってくれたのかな・・と身勝手ながら思ったりもしています。

    それくらい、私の道は、この一言で決まったと言っても過言ではありません。

    私は、こちら総務部を退職し、2011年11月11日という1並びの日に、NICEONを設立させて頂きました。

    社名の名付け親は、西順一郎先生

    NICEONという社名は、実は、私が考案したものではありません。

    師匠である、西研究所の西順一郎先生に名付けて頂きました。

    こちら総務部を退職し、独立することを決めた私は、ある想いをもって、広島MGに参加しました。

    その想いとは、私に新しい道を示して下さった西先生に、社名を付けて頂くことでした。

    西先生にお目にかかって、その旨をお伝えしました。

    西先生は、YESともNOとも言われませんでしたが、翌日の朝、講義が始まる前に私に声をかけてくださり、私のファイルに次のように書き始められました。



    私は、感激しました。

    このときの感動は、一生忘れることはありません。

    西先生は、私の名字である【四ケ所】から、【よかところ】を連想して下さいました。

    私は、西先生から、【NICEONの原点は、四ケ所である】というメッセージを受け取りました。

    きっと、私の父の想いも汲んで下さったのだと思いました。

    西先生、本当にありがとうございます!

    これからも、この社名に恥じぬよう全力を尽くしますので、ご指導の程、宜しくお願い致します!

    2019年11月11日を迎えて

    まず、この日を迎えられたのは、ひとえに、お客さまが、私たちNICEONにご用命下さったからに他なりません。

    NICEONという少人数規模な会社に、皆さまの大切な時間を与えて下さったことに対して、深く御礼申し上げます。

    本当にありがとうございました。

    もっともっとお役に立てるように、これからも全力で学び、NICEONの存在価値を高めていくことを、ここにお約束致します。

    そして、皆さまの会社を、絶対に、何が何でも守れるように、精進してまいります。

    理想は遥かに高いので、まだまだ時間はかかると思いますが、必ず力を付けますので、今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    至誠、天に通ず

    9年目を迎えるにあたり、NICEONは、ようやく企業倫理を定めることが出来ました。

    至誠、天に通ず
    〜内面の真実をもって事にあたり、天と通じて人を動かす〜

    企業倫理とは、企業として守り行うべき道、つまり、善悪・正邪の判断において、普遍的な基準となるものです。

    100年後も300年後も、NICEONが存在する限り、この企業倫理だけは変わることなく引き継がれていきます。

    NICEONを率いるリーダーの在り方として、絶対的な基準となるものです。

    創業者である私自身が、【至誠、天に通ず】という在り方を示し、経営において具現化していきます。

    そのために、まずは、NICEONの事業カテゴリーを、【教育】に特化させて頂くことにしました。

    また、企業倫理に合うように、経営理念、経営方針、ロゴに関しましても、現在、創り変えてる最中です。

    コーポレートカラーに関しましても、これまでのブルーから、別の色に変わります。

    さらに、2020年の4月には、お客さまを別の角度からも守ることができるように、新会社の設立も決定しております。

    必ずや、【永続を志す企業さまの絶対的な守り】として存在できるように、これから1年、その土台づくりに全力で取り組んでまいります。

    今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

    本日は、長文を読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

    これから、寒さも本格化し、インフルエンザなどが流行し始めると思います。

    まずは、元気が一番です。

    くれぐれもご自愛下さいませ。

    2019年11月11日
    株式会社NICEON
    代表取締役 四ケ所秀樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください