今こそ、咲いている花ではなく、根と幹に眼を向けよう!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日、2日ぶりに自宅に戻りました。

いつもは、息子から【キングダム買ったよ!】という連絡が入るのですが、今回は無かったので、購入して、息子が気付くように置いておきました。

開口一番、【キングダムやん!】という言葉。

小さなサプライズ、成功しましたw

今こそ、咲いている花ではなく、根と幹に眼を向けよう!

皆さまは、他社を見るときには、何を重視なさっていますか?

売上、利益、本社ビル、ブランド、知名度・・

以前の私は、こういった見える世界の中で相対的に比較して、【いい会社だな〜】って判断をしていました。

そして、どちらかというと、【そういう会社にしよう!】という想いよりも、憧れるというか、負けを認めているというか・・

何とも言えない気持ちで、そういった会社を眺めているばかりでした。


しかし、今は、随分と変わったように思います。

その大きな要因の1つは、時(とき)の捉え方を学んだことです。

一昨日のブログ【自然の摂理 〜自然はどのような動きをしているのか〜】にも書きましたが、少なくとも【10年】という期間で経営を捉えるようになりました。

すると、【今】咲いている花に、あまり拘りがなくなりました。

大切なことは、社会にしっかりと【貢献しながら】、かつ、成果を出し【続けられる】ような【土台づくり】にあると気がつきました。

そして、【土台】さえしっかりしていれば、【必ず花は咲く】という、信念に至りました。




では、土台とは何でしょうか?

それは、【根】【幹】のことです。

企業でいう根とは、【人財】になります。

社員さんに投資する(人財育成)だけではなく、深い人脈を築くために、積極的に動かなければなりません。

また、幹とは、【市場(お客様)】になります。

お客さまから、支持をされればされるほど、幹は太くなっていきます。

そのためには、自社の強みである【絶対的な価値】を創造しなければなりません。

その価値が、競争にならないほど限りなく高ければ、【無敵】、つまり、【競争にならない】状態が築けますね。

根は、深く、深く。

幹は、太く、太く。

NICE ONの使命は、お客さまの土台を強固にすることにあります。

そのためには、何をしなければならないのか。

何から始められるのか。

そのことに、一点集中して全力を尽くします!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.228

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録