先人の思想から学ぶこと 〜私たちはどこを目指しているのか〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

3日間の研修が、無事に終わりました。

まずは、参画者の皆さまが、最後の最後までニコニコと学び合って下さったのが、何よりも嬉しかったです。

そして、来年も参加します!と仰りながら握手を求められると、来年に対する意欲が湧き上がってきますよね。

よ〜し、来年もやるぞ〜!という気持ちになりました。

やっぱり、【勇気づけ】って大事ですね!

西先生からの助言

私は、西研究所の西順一郎先生から、13年間ずっと学ばせて頂いております。

初めてお目にかかることが出来たのは、2006年の9月9日、東京の大井町でした。

今でも忘れませんが、私はそのとき、西先生に次のような質問をしました。

福岡県久留米市にて、西先生の研修を主催させて頂きたいのですが、どうしたら良いでしょうか?

今考えると、よくもまぁ、こんな質問ができたものだとビビってしまいますが、自分を動かしてしまうほど、西先生から感じるものが大きかったのだろうと思います。

そのときに、まずは、MGジュニアを6ヶ月連続で受けなさいと言われました。

そのあとは、MGシニア、OA大会、MGフェスティバル、スーパーシニアなどを通して、学びの質を高めていったらどうかと助言して頂きました。

私は、何の疑いもなく、そのまま実践しました。

そして、ちょうど1年後の2007年9月29・30日に、西先生をお招きしての【久留米MG】が始まりました。

その翌年からは、台風を考慮して11月に変更して頂き、現在に至っています。

先人の思想から学ぶこと 〜私たちはどこを目指しているのか〜

その間に、西先生からは、MGについてだけを学ばせて頂いたわけではありません。

また、西先生ご自身も、MGだけをやっていれば良い!とは絶対に言われません。

わが胸の 燃ゆる思いに くらぶれば 煙はうすし 桜島山
という平野国臣の辞世の句から、MGインストラクターとしての心構えを知りました。

蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が、江戸時代後期に大坂船場に開いた蘭学の私塾である適塾の話から、MGの目指す場所を示して頂きました。

秋山真之や、児玉源太郎という日本が誇る先人のことを知るために、司馬遼太郎先生の、世に棲む日日坂の上の雲などの本の紹介をされました。



つまり、私たちは、西先生からゲームのやり方を学んでいるのではありません。

MGが目指しているもの、その世界観や思想を学ばせて頂いているのです。

だからこそ、私は、西先生が見ておられる場所を目指します。

あ、その前に、西先生が見ておられる場所が見えてくるように、自らを高めなければならないのは、言うまでもありませんが…

兎にも角にも、そのための学びを続けます。

そして、そのための場を作ります。

それが、今世の適塾と言われるようになり、次世代にも引き継がれるようにしていきます!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.232

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録