• 会社の数字は、5つの要素に分けて、シンプルに把握しよう!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日は、【MQ会計は要素法である】という内容のブログを書かせて頂きました。

    昨日のブログは、こちらです。
    会計を知りたい経営者が、まず読むべき2冊とは?

    その中で、少なくとも5つの要素を把握することが、【経営者のための儲かる会計】の入り口ですよ!とお伝え致しました。

    そして、5つの要素とは、下記のことでした。




    損益計算書を分析しても、儲かる方法は出てこない

    この5要素のうち、税務署に提出する損益計算書(会社の利益を計算するシート)に出てくるのは、F(期間費用)とG(利益)の2つのみです。

    なので、損益計算書をいくら分析しても、儲かる方法は3つくらいしか出てきません。

    売上を上げよう!

    原価を下げよう!

    期間費用(固定費)を下げよう!

    しかも、この3つは、そんなことは言われなくても分かっている!という類いの言葉ですよね。

    なぜ、この3つになるのでしょうか?

    それは、損益計算書には、【致命的な欠点】があるからです。

    損益計算書には、【Q(販売数量)】の概念がありません。

    逆に言えば、損益計算書に、Q(販売数量)の概念を加えてやれば良いのです。


    損益計算書をMQ会計のカタチに変えてみよう!

    損益計算書は、1番上に売上高が記載されています。

    その下には、売上原価、粗利総額、期間費用(固定費)、利益と続いていきます。

    これを、MQ会計のカタチに変えてみます。

    どうするかというと、Q(販売数量)で、売上高と売上原価を割り、P(売価)とV(変動単価)を計算するのです。

    すると、次のようなカタチになります。

    (株)西研究所 西順一郎先生より教わりました

    損益計算書のように、細かい数字が沢山書かれているシートではなく、上のようなカタチで、まずは、ざっくりと把握することが大事です。

    なぜなら、細か過ぎても覚えられません。

    覚えられないものは、意思決定には使いづらいですよね。

    また、当然と言えば、当然なのですが、売上とは、【売価×数量】だということが分かります。

    なので、売上のことを、P(売価)×Q(数量)ということで、【PQ(ピーキュー)】と言うようにします。

    同じように、売上原価は、V(変動単価)×Q(数量)なので、【VQ(ブイキュー)】になります。

    そして、粗利総額のことを、【MQ(エムキュー)】と言いうようにします。

    西先生は、PQを重要視している会社は、MQを重要視している会社には勝てないと仰います。

    つまり、戦略MQ会計というくらいですから、このMQの把握が、儲けにとってはすごく重要なのです。

    実際には、次のようなカタチで現状把握をすると良いと思います。



    なんか、売価が落ちてきているなぁ・・とか、販売数量が減ってきているなぁとか、見えてきそうですよね。

    この表に関して、作れない理由はありませんから、もし、これらの数字の把握が出来ていない企業さまは、ぜひ作ってみて下さいね。

    儲けの種が、潜んでいるかもしれませんよ!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.240

One Responseso far.

  1. […] 昨日のブログは、こちらになります。会社の数字は、5つの要素に分けて、シンプルに把握しよう! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください