自分の中の大切なものに気づき、一歩前に進む勇気が欲しい人にお勧め ジョン・F・ディマティーニ著:ザ・ミッション 〜人生の目的の見つけ方〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、今まさに、もがき苦しんでおり、何とか現状を打破したい方にお勧めの本の紹介をさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
頑張っているけど、なかなか成果に繋がらない人にお勧め ブライアン・トレーシー著:大切なことだけやりなさい


その中で、【私たちの人生を決めているのは、もっとも大切なポイントを見極める能力である】という文章から、私たちのマインドについて考えてみました。


今の現状は、決して他の人によって作られたものではありません。


自分の思考がモノゴトの原因であり、その結果としての現状があるのです。


ぜひ、本田直之さんが仰っているように、ペンとノートを持ちながら、そして、考えながら読んでみて下さいね!


それでは、今日のブログです。


ジョン・F・ディマティーニ著:ザ・ミッション 〜人生の目的の見つけ方〜について

今日もまた、書評をさせて頂きます。


今日の本は、ジョン・F・ディマティーニさんが書かれた、【ザ・ミッション 〜人生の目的の見つけ方〜】という本です。





私がこの本に出会ったのは、今から、6年ほど前になります。


日本一のセラピストである岡部明美さん(通称:明美ちゃん)が主催されている、LPL養成講座でのことでした。


その頃の私というのは、13年間働いた税理士事務所を辞め、NICE ONを設立して独立したものの、人生の目的を見失い彷徨っていました。


そして、人生の目的を見つけるために(自分を発見するために)、様々な研修を受け続けていました。


おかしな話ですよね。


自分の中にあるものに気付くために、研修で知識を身につけようとしていたのですから。


だけど、私は本氣でした。


本氣で、人生の目的を見つけたかった。


自分の中から溢れ出るビジョンを、皆さまにプレゼンできるようになりたかった。


そんな私の心中を察してか、【明美ちゃんに会ってみたら?】とアドバイスをして下さったのが、Being Managementの著者である、株式会社船橋屋の渡辺雅司社長です。





渡辺さんから、明美ちゃんの研修に行こうとお誘いを受けていなければ、明美ちゃんとのご縁に恵まれることも、ディマティーニさんの本に出会うことも無かったと思います。


もちろん、それからすぐに、私の人生の目的やスーパービジョンに辿り着いたわけではありませんが、そのキッカケになったのは間違いありません。


下の写真を見て頂くと、如何に私が必死だったが分かりますね。






人生の目的を見つけるための21の教え

まずは、下の写真をご覧下さい。





それぞれの章に【まとめ】【アファメーション】が用意されており、ところどころにワークがあります。


例えば、第1章の【アファメーション】は4つ準備されているのですが、私は、そのうちの1つを選んで、毎日、口に出して言い続けていました。


チャレンジするからこそ、偉大なことを達成できると私は知っています。


毎日、毎日唱える訳ですから、出来るかどうかではなく、ほんの少しだけチャレンジしたくなるんですね。


ほんの少しだけ、勇気が出るんです。


不思議ですよね。


【いつも前のめりですよね!】と言われるのは、このアファメーションを続けたからのような気がします。


ただ、これは単に第1章でのことに過ぎません。


この本には第21章までありますから、必ず、皆さまに合う言葉に出会えるのではないかと思います。



人生を7つの領域で考える

昨日ご紹介させて頂いた【大切なことだけやりなさい】の中では、人生を、次のような7領域に分けていました。


仕事、家庭生活、資産、健康と体力、個人的成長、社会や地域、精神的成長


それに対して、ディマティーニさんは、次のように人生を分けています。


偶然にも、ブライアン・トレーシーさんと同じように、7つの領域でした。


心と精神性、知性、ビジネス、お金、家族、社会・人間関係、身体


如何でしょうか?


若干の言葉の違いはありますが、意味合い的には、ほとんど同じです。


つまり、まずは、人生は7つの分野で考えれば良いということではないでしょうか。


ディマティーニさんは、【人はみんな、それぞれの大事な価値観を、この7つの領域に分かれて持っている】と仰っています。


そして、【あなたの人生の目的は、1つかそれ以上に関係していて、あなたが本来進むべき道を明らかにしてくれる】と続けられています。


皆さまが、1番大切になさっていることは何でしょうか?


1番大切なことを、1番大切になさっているのでしょうか?


1番大切なことを大切に出来ずに、時間ばかりが過ぎてませんでしょうか?


自分の中の大切なものに気づき、一歩前に進む勇気が欲しい人にお勧め

ただ、自分の中で、何が1番大切なのかに気付くことは、簡単なようで、簡単ではありませんよね。


その発見の手助けをしてくれるのが、この本の第3章の【ワーク】です。


身近にあるものは何ですか?


1日をどんなふうに過ごしていますか?


何をしているときに元気が出ますか?


何にお金を使っていますか?


きちんと整理がついていることは何ですか?


スキルを積んでいることは何ですか?


いつも頭の中にあることは何ですか?


どんなビジョンを描いていますか?


どんなひとりごとを言っていますか?


どんな話題が好きですか?


何に心を動かされるでしょうか?


目標は何ですか?


これらの問いに、3つずつ答えるのが、【自分にとっていちばん大切なものを見つける】ワークです。


ぜひ、考えてみて下さいね。


そのあとで、ディマティーニさんからのアドバイスを読んでみて下さい。


そのアドバイスとは、下記の通りです。


あなたがいちばん価値があると思うことは、あなたに最も欠けている部分で、それはあなたが心の底から【もっと】欲しいと思っていることです。


最も大切なことは、最も欠けていると思っていること。


如何でしょうか?


本当に望んでいるものではないことに、しがみついていませんか?


自分以外の誰かの価値観に合わせていませんか?


自分の中の大切なものに気づき、一歩前に進む勇気が欲しい人にお勧めです。


ぜひ、読んでみて下さいね!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.305

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
    NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

    「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

    MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

    【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

    1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

    保有資格

    ■西研公認MGインストラクター
    ■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
    ■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
    ■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録