• 空に軸を置くと色が生まれる

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    色即是空、空即是色(しきそくぜくう、くうそくぜしき)という言葉をご存じでしょうか?

    これは、般若心経の言葉とされていますが、今、NICEONの全ての仕事を、この観点で見直しております。

    見えるもの(色、しき)は、もともと無いものであって、全ては、見えないもの(空、くう)から生まれる。

    色を追えば、すぐに行き詰まるが、空に軸を置けば、無限に生まれる。

    今、企業で起きている問題・課題の本質を、ずばり表しているのではないでしょうか。

    大阪の師から学んだ言葉があります。

    未完成の完成が、完成である。

    一瞬、何のことか、全く分かりませんでしたが、こう続けられました。

    未来から見れば、今あるものは、全て未完成である。

    今、このブログを書いているMacBookAirも、iPhoneXSも、乗っている車も、50年後、100年後から見れば、完成しているわけがないですよね。

    きっと、よくこんなもの使っていましたね〜と言われるのがオチだと思いますが、如何でしょうか?

    企業の空とは、CI(Corporate Identity)

    この世の中は、陰と陽、男と女、空と色、潜在意識と顕在意識、右と左、表と裏のように、もともと1つのものが、2つに分かれて存在するからこそ、永遠なんだそうです。

    そして、どちらかというと、陰・空・潜在意識・裏のように、見えないものや目立たない側に、その本質が隠されているようです。

    つまり、企業が永遠に存在するためには、空(見えないもの)を明らかにする必要があります。

    では、企業の空、つまり、本質とは、いったい何でしょうか?

    それは、CI(Corporate Identity)です。

    そして、CIとは、下記の3つの要素が三位一体となって完成します。



    もっと可視化すると、下記の図のようになります。



    このCIを、天、人、地と組み合わせると、次のような構造になります。



    100年企業には必ずCIがあり、一貫したテイストがある

    不易流行ではありませんが、企業には、絶対に変えてはいけないものと、時代に応じて変えていくものがあります。

    30年続く企業が1%未満というデータからすると、多くの企業が、変えてはいけないものを変え、変えなければいけないものに拘ってしまっているのかもしれません。

    何を守り、何を変えるか。

    これを明らかにするためにも、CI製作は、ものすごく重要です。

    また、CI製作を、経営者だけでなく、幹部、リーダーの皆さまと共に行うと、会社への愛着心が増すはずです。

    このCIに軸を置き、国家社会に対して、何を実現することで貢献するのか。

    これが、企業の大義であり、この世の中に存在する理由になりますね!

    弊社では、このCI製作の支援事業も行っておりますので、何なりとお問い合わせ頂けると幸いです。

    今回も、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.25

One Responseso far.

  1. […] 先日、CI(Corporate Identity)についてブログを書かせて頂きました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください