NICE ONのコーポレートキャラクター【テラス】 〜私たちの想いが込められたNICE ONのシンボル〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、息子とのコミュニケーションを増やし、一緒に成長するためのツールとして、マンダラ手帳をご紹介させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
遠く離れた場所からでも息子を支援! 〜2020年マンダラ手帳 A5サイズを息子にプレゼントしました〜


最初に、息子と一緒に彼の人生計画を作るのですが、ここにタップリと時間をかけようと思います。


なぜなら、何よりもまず、【何のために?】が大事だということを伝えていきたいからです。


そのうえで、1週間の振り返りをしながら、彼の成長を見守るようにします。


彼に変化が見られたら、また、ご報告させて頂きますね。


それでは、今日のブログです。


NICE ONのコーポレートキャラクター【テラス】

皆さまの会社には、皆さまの【会社の想い】が込められたモノってございますか?


NICE ONには、2つあります。


1つは、企業倫理である【至誠、天に通ず】を表す【ロゴマーク】です。


そして、もう1つが、【私たちが創ろうしている世界観】を表す【コーポレートキャラクター】です。


フクロウをモチーフとして創られた、私たちの大切なコーポレートキャラクター。


私は、考えに考えて、【テラス】と命名しました。





コーポレートキャラクターに込められた想い

このテラスには、私たちの想いが全て込められています。


まずは、モチーフの根幹となる象徴として、【フクロウ】が選ばれました。


フクロウが選ばれたのは、下の図の言葉が理由です。





NICE ONがどういう存在を目指すのか、とってもよく表れていると思いました。


次に、カタチです。


これも、私の想いや人生から出てきたものですが、【ダイヤモンド】を選択して頂きました。


そのダイヤモンドに込められているのが、下の図に書かれた言葉です。




さらには、私たちが輝き、その輝きでお客さまを輝かすことができるようにという想いを込めて、【プリズム】を採用して頂きました。


Wikipediaによると、プリズムとは、【光を分散・屈折・全反射・複屈折させるための光学素子であり、ガラス・水晶などの透明な媒質でできた多面体である】と書かれています。




私たちの想いを表すものとして、【フクロウ・ダイヤモンド・プリズム】が統合されたコーポレートキャラクター【テラス】





2015年1月以来、ずっとNICE ONの広告塔として、光り輝いてくれています。



KASIKAさまが可視化して下さる世界観が好き

今回、NICE ONのロゴをリニューアルしましたので、テラスを創って頂いた頃の資料を引っ張り出しました。


今、改めて振り返ってみると、その内容に驚きを隠せませんでした。


当時は、私自身がまだハッキリと描ききれない未来でしたが、私の言葉から感じ取って頂き、実は、未来を見せて下さっていました。


テラスの誕生から5年が経ち、お陰さまで、NICE ONの軸はものすごく明確になりました。


10年後までハッキリと見えています。


ロゴの変更も、それが理由でした。


その上で、当時の資料を見ていたのですが、最近、明確になって使うようになった言葉が羅列されていたのです。


その言葉を贈って下さっていたのが、KASIKAさまです。


当時は、コポキャラさまという社名でしたが、今の社名であるKASIKAさまには、お客さまの想いや声、未来といった見えないものを【可視化(かしか)】するという意味が込められていると思います。


社長の藤原聖仁さんとは、時々、お酒を飲んだりしますが、いつも私の【今と未来】を示唆する言葉を投げかけて下さいます。


そして、その人が持っている本来の強みや輝きを引き出し、見えるカタチにして下さるプロフェッショナルです。


このテラスを見ていると、【私たちの未来は明るい!】というイメージしか沸いてきません。





実は、その未来を表したカタチも含まれています。


それは・・・


テラスを逆さまにしたカタチ。


光り輝くお客さま(鳥の部分)が、ダイヤモンド(目的地)にNICE ONしている様子なのです。


とってもオシャレですよね!


私は、このテラスが大好きです。


ぜひ、NICE ONの広告塔テラスを、可愛がって下さると嬉しいです。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.314

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録