100年カレンダーを買ってみました 〜このカレンダーのどこかに自分の命日がある〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


両親への誕生日は、いつも妻に任せていたのですが、今回、これを渡してみたいと思い、自分で買ってみました(まだ渡せていないので、サプライズでは無くなってしまいました・・)。



生まれた年から始まる100年カレンダー

皆さま、100年カレンダーをご存じでしょうか?


私が購入したのは、生まれ年から始まる100年カレンダーシリーズです。


会社用、両親用、義母用、子供達用、そして、私と妻用に、それぞれの生まれた年の分を購入してみました。


NICE ONは、2011年11月11日に設立しましたので、表紙は、次のようになっています。





表紙の裏には、年号早見表などが記載されています。





こちらが本体です。


左下から右に進むようになっており、だんだんと上に上がっていきます。


そして、1番右上が、最後の年になっています。


100年後までの日付と曜日、そして、小さい枠ではありますが、その年の思い出や目標、ビジョンなどを書く欄が設けられています。





私と妻は、同じ年に生まれましたので、2人で1つにしてみました。


夫婦の思い出を1つに・・ではありませんが、この先も、共に歩んでいけたら最高です。


そして、この100年カレンダーのどこかに、両親を見送る日、私たちが見送られる日、子供たちが結婚する日、孫が生まれる日があると思うと、すごく感慨深いですね。





2003年生まれの長男と、2005年生まれの長女にも購入しましたが、この子たちの平均寿命は、120歳に突入か・・と言われていますので、もしかしたら、見送られる日の記載は無いかもしれませんね。


ただ、このカレンダーを見ながら、自分たちの未来だけでなく、この社会や宇宙の100年後を想像してくれたら、私は本当に嬉しいです。


そして、その世界観を聞きながら、お酒を共に飲めたら、もう言うことはありません。





1948年生まれの父、1952年生まれの母。


このカレンダーの約7割の日々を、すでに積み上げてきたんですね。


その中の、45年間は、私も共に歩ませて頂きました。


これからの人生は、ただただ幸せであってほしいと願うばかりです。




妻の母が、1番年上です。


お母さんは、まさに、終戦の年の終戦の日にこの世に誕生なさいました。


その日以降、日本は1度も戦争をしていません。


お母さん達世代が生まれてこられた意味を、考えずにはいられません。





100歳の日が無い・・

NICE ONが、100年企業として、道に至る日は・・


2111年11月11日なのですが、残念ながら、この100年カレンダーには、100歳の日がありませんでした・・


100歳の日に〇が付けられて、その日をありありと想像したかったですね。


99歳の日をありありと想像するって、何とも中途半端な気がしました・・




100年カレンダーの存在は、かんてんぱぱガーデンを運営しておられる、伊那食品工業さまの学びの中で知る機会を頂きました。


なので、かんてんパパガーデンさまでも販売なさっているのかもしれません。


100年を考えるときに、目の前にカレンダーがあるのと無いのでは、全く想像する力が違いましたので、ぜひ、皆さまの用途にあった100年カレンダーを、探してみて下さいね。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.26

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録