あまりの美しさに惚れ惚れ! 〜新会社設立に向けて、守護印を作って頂きました〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、潮の満ち引きと個性について書かせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
育てる側は、有明海のような海を目指そう 〜潮の満ち引きがないと個性がでない〜


教育する側(言い方が適切では無いかもしれませんが・・)が、いつも満たしてあげていては、部下も子どもも育ちません。


育たないというより、気づけないようになるのだと思います。


だからこそ、かわいい子には旅をさせよ!ですよね。


そういう意味では、【いざ!というとき】に、絶対に護ってあげられる存在になりたいものです。


それでは、今日のブログです。



新会社設立に向けて、守護印を作って頂きました

新型コロナウイルスの影響が、どんどん拡大しています。


弊社NICE ONも、その影響をもろに受けております。


しかし、だからといって、指をくわえてジッとしているわけにはいきません。


未来のために、耐える部分は、徹底的に耐える。


未来のために、今できることは、徹底的にやり切る。


そう思って、行動しています。


なぜなら、【未来の自分たち】を助けることができるのは、【今の自分たち】だけではないでしょうか。


【今】の時間の使い方が、未来を決める。


そう信じて、【今ここ】に意識を集中しています。


なので、この4月に予定している新会社の設立も、その準備を着実に進めています。


ということで、昨日は、新会社の守護印を頂きに、大阪に行ってきました。


ここで、守護印とは・・・


命式(生年月日や設立年月日)に応じて素材が決められ、弱点を強化して【護りを入れる】ものだそうです。


そのためには、人の手で彫りあげることが基本で、かつ、代々受け継いでいくものであり、過去・現在・未来を通す【分身】だということでした。


また、①配字、②天地陰陽の配合、③格数、④材質、⑤寸法・型という、五大原則を兼ね備えてなくてはならないそうです。


なぜなら、その5つの原則は、【人間の五指五臓に相当する】からだと説明をして頂きました。


今回、この守護印を作って下さったのは、印象堂の内山雅史先生です。





内山先生は、18センチ四方の石に、3年をかけて般若心経266文字を彫刻され、奈良と和歌山のお寺に奉納なさっています。





その内山先生ご自身から作って頂けたのは、大阪の師がご紹介をして下さったからに他なりません。


このご縁に、心から感謝しております。


本当に、ありがとうございました。



あまりの美しさに惚れ惚れ!

とっても素晴らしい印鑑が出来上がっていますよ。


師から、お電話を頂いておりましたので、すごく楽しみにしていました。


そして、いよいよ、作って頂いた印鑑とご対面です。


それはそれは、美しい・・





あまりの美しさに、ずーっと見ていられます。


内山先生の製作された印鑑は、日本の美術品として、美術年鑑にご紹介されたのも頷けます。


もう1回言いますが、それはそれは美しいです。


印鑑というより、新しい会社がもっている特性を表した【アート】という表現の方が合っているかもしれません。


このあと、大阪の師から、印鑑の儀を執り行って頂き、無事に受け取ることができました。


もう、新しい会社には寸分の隙もありません。


これで、あなたがその目的を果たせないとしたら、あなたの努力が全く足らないということです。


師の言葉に、私の背筋はピーンと伸びました。


それと同時に、私のために、このような時間を作って下さったことに、感謝の気持ちが込み上げました。


やります。


絶対に、やり抜きます。


そのために、自分という人間を、徹底的に磨き上げます。


今は、そのための時間。


そう思えば、こんなに時間がある【今】の見方が、随分と変わりました。


アフターコロナにむけて、ピッカピカになります!


皆さまも、共に、磨き合う時間にしませんか〜?


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.364

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録