借りられるだけ借りれば良い!というのは正しいか? 〜適切な借入額の計算方法とは〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、緊急事態であればあるほど、現金主義にて利益を出すための意思決定をお勧め致しました。


昨日のブログは、こちらです。
現金主義決算のすすめ 〜今のような状況の時(緊急事態)は、現金主義決算で利益を出す方法を考えましょう!〜


何としてもお金を生み出すか・・


今あるお金で耐え凌ぐか・・


兎にも角にも、知恵を出し合い、工夫しましょう!


そのためには、【前向き】であることが大切です。


拘るのであれば、徹底的に【未来】に拘りましょう!


それでは、今日のブログです。



適切な借入返済の総額とは?

経営者の方にご質問です。


皆さまの会社の借入金は、多いでしょうか?


適切でしょうか?


それとも、少ないでしょうか?


また、何を基準に、そう言えるのでしょうか?


経営者の皆さま、如何でしょうか?


考えることができましたでしょうか?


今日は、その借入金に関する1つの考え方を書かせて頂きますので、皆さまの会社の決算書にて、ぜひ計算をしてみて下さいね。


まず、銀行から借り入れをすると、そのお金は頂いたわけではないですので、必ず、期限までに返済する必要があります。


そして、毎月の返済の時には、元金(がんきん)だけではなく、計算された利息も合わせて、銀行口座から引き落とされます。


ここで、会計上の話をするのであれば、その利息は、固定費として経費計上しますが、元金は、借入金が減るだけですから、経費にはなりません。


では、皆さまの会社が【1年間で返済できる元金の総額】は、どのように計算すればいいでしょうか?


それは、次の式で求められます。


税引後当期利益(法人税を支払ったあとの利益)+減価償却費


さぁ、決算書を取り出して、その数字を探してみて下さい。


まずは、【損益計算書】の1番下の方に、税引後当期利益(当期利益、当期純利益など)の額が書かれているはずです。


次に、減価償却費ですが、【販売費及び一般管理費明細書】に書いてあると思いますので、探してみて下さい。
*建設業や製造業は、工事原価報告書、製造原価報告書にも減価償却費があります。


そして、その2つの数字を足してみて下さい。


その数字が、【1年間で返済できる元金の総額】の1つの目安になります。


例えば、税引後当期利益が300万円、減価償却費が200万円だとすると、合計した500万円が、元金返済の総額の1つの目安になるのです。


これを、月の返済額にすると、500万÷12ヶ月ですから、41万円になりますね。


つまり、41万円よりも毎月の返済額が大きい場合は、300万円の税引後当期利益が出ていたとしても、会社のお金は返済に消えていきますので、再び借りなければいけない日が必ずきます。


また、41万円よりも毎月の返済額が少ない場合は、借入金の返済をしながらも、会社のお金は増えていきます。


皆さまの会社は、如何でしたでしょうか?


返済をし続けても、お金が増える経営でしたでしょうか?


ちなみにですが、税引後当期利益+減価償却費がマイナスになる企業は、返済原資がないと判断されてしまいますので、一刻も早く、この数字がプラスになるように事業計画をたて、その計画通りに進めていく必要がありますね。


以上が、返済額に関する1つの考え方です。



適切な借入金総額の考え方とは?

次に、借入金の総額について書いてみたいと思います。


今回も、税引後当期利益が300万円、減価償却費が200万円という会社で考えてみましょう。


先ほども書きましたが、300万円+200万円=500万円ですので、1年間の返済原資は、500万円ということになります。


そして、この500万円と返済期間を掛け合わせて、適切な借入金の総額を導き出すのです。


例えば、5年返済であれば、500万円×5年=2,500万円が適切な借入額ということになります。


逆にいうと、3,500万円の融資をお願いしたいのであれば、500万円×7年=3,500万円ですから、7年返済という希望を出すということです。


お!この経営者は、きちんと計算しているな!って思って頂けそうでしょ!


そういう【見られ方】も大切です。


また、場合によっては、設備投資のための借入もありますよね。


このときは、減価償却費の額が変わりますので、購入予定の設備を税理士さんにお伝えして、減価償却費の額をすぐに調べて頂きましょう。


例えば、その減価償却費の額が、年間で800万円だったとします。


そして、この設備を導入することで、税引後当期利益が500万円になるという事業計画を立てたとします。


すると、500万円+800万円=1,300万円が、返済可能な1年間の元金総額になりますよね。


ということは、5年返済であれば1,300万円×5年=6,500万円、7年返済であれば9,100万円、10年返済であれば1億3千万円までが、借入総額の目安となるわけです。


如何でしょうか?


皆さまの会社は、1年間の返済原資だけでなく、借入金の総額もまた、適切な額の範囲内でしたでしょうか?


もし、収まっていなかったとするならば、何年後かには、その範囲内になるように事業計画を立てるのも良いですね。


ただ、新型コロナウイルスの影響を考えると、今は、緊急事態ですので、上記を1つの目安としながらも、借りられるだけ借りておくという考え方もあると思います。



借りられるだけ借りて良いのか?

私としては、今という【緊急事態において】は、【借りられるだけ借りた方が良い】と考えています。


今日のブログに書いてきた、1つの目安となる数字を大幅に超えたとしても・・です。


ただし、少なくとも事業計画を3つ作り、計画的な経営をすることができるのであれば・・という条件付きです。


借りられるだけ借りることができたので、これで1年間は大丈夫・・という経営者は、私の単なる直感ですが、借りたお金を全額使い果たしてしまいそうな気がします。


それだと、せっかく新型コロナウイルスの影響が終息したにも関わらず、借入金の返済ができなくて・・・ということになりかねません。


まさに、本末転倒です。


だから、借りられるだけ借りるための絶対条件が、3つの事業計画を作って、素直に実行することなのです。


1つは、今年の7月から回復に向かうパターン(3ヶ月間を耐える)。


2つめは、10月から回復に向かうパターン(半年間を耐える)。


3つめは、来年の4月から回復に向かうパターン(1年間を耐える)。


この3つのパターンを想定するのは、それぞれにおける必要な借入の額を知るためですので、必ず計算をして下さいね。


もちろんですが、最も借入の額が大きくなるのは3つめのパターンです。


この場合は、返済が始まるまでに、変遷する時代とお客さまのニーズを見極めて、何がなんでも会社を作り変えていかなければなりません。


それが、来年の4月からに船出に繋がりますし、それが、経営というものだと思います。


それでは、融資を受けたあとのお話に入りますね。


ここでは、3つめのパターンで計算した額を借りることができたとして、お話を進めていきます。
*実際に、それよりも多くの額を借りることができたとしたら、必ず、万が一に備えて使わないで下さいね。

1つめのパターンは、【今】必要な資金以外は、すべて、使わずにとっておきましょう。


2つめのパターンも、【半年】を耐えるための資金以外には、絶対に手をつけないことが大切です。


ただ、3つめのパターンのときは、今回の、特別融資の額を全て使い切ることになると思います。


そして、ここからが重要です。


絶対条件に掲げさせて頂いた事業計画とは、この3パターンそれぞれの、返済計画を立てることなのです。


ぜひ、その時は、今日のブログの最初のトピックである【適切な借入返済の総額】を参考になさって下さい。


状況が回復してきたからといって、今まで、100万円の利益だった会社を、すぐに、1,000万円の利益を出す会社にすることは難しいです。


冷静に状況を見極める必要があります。


毎月いくらならば、返済が可能でしょうか?


毎月、いくらまでの返済が可能な会社に成長しますでしょうか?


その金額を計算することができれば、借りるだけ借りたとしても、何年の返済期間が必要かが分かりますよね。


話が長くなってしまいましたので、少し、まとめますね。


状況が回復するまでの期間を3つに分けたとすると、それぞれ、必要な借入額はいくらなのか?


また、回復後の返済計画はどうなるのか?


その上で、どれだけの融資を受けることができるのか?


融資を受けたあとは、どんな経営に変えていかなければならないのか?


少なくとも、これくらいのことは考えなければなりません。


そして、どういう意思決定をしたとしても、私たちには、アフターコロナの世界が待っています。


その世界においては、どんな理想を掲げることもできますが、例えば、100万円×10年=1,000万円という計算結果を、他に変えることはできません。


つまり、100万円×10年=1億円という世界は、現実には存在しないということです。


だからこそ、頭で描いたことを、数字に置き換えて頂きたいのです。


できないと思っていたことが、実は、できることだったり。


逆に、


できると思っていたことが、そもそも成り立たない数字だったということもあるのです。


ぜひ、借りても返せないから・・と嘆く前に、借りたらどうなるのか?を数字にしましょう。


何通りも書いて、実現可能な計画を見つけ出しましょう。


そして、その計画が見つかったら、仲間に伝えてあげてください!


仲間の前向きな姿勢は、きっと、その人の勇気に繋がりますから。





家族を護り


社員さんを護り


会社を護る


それが、お客さまを護り


日本を護ることに繋がります。


私たち経営者は、それを自ら選択しました。


ぜひ、みんなで力を合わせ、支え合っていきましょう!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.371-2

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録