• NICEONの始まり

    僕が税理士事務所の社員として働きながら感じていたこと

    それは、企業の事業結果を基に税金を計算したり、
    決算書を作るといった【事後処理的な】仕事ではなくて、
    【企業の未来】に関わっていきたいということです。

    そして、沢山の方と出会い、
    企業との関わりを通して、

    企業の成長・発展には、 強固な土台が必要で、
    その礎は人であり、人の幸せ抜きでは語れないということを強く感じました。

    自分が成長できる場所
    自分の居場所を確認できる場所
    自分が認められる場所
    そんな場所があったらどんなに素晴らしいだろう。

    その場所を見つけた人が溢れたら、どんなに幸せだろう。
    そんな会社が世の中に溢れたら、どんなに幸せだろう。

    そんな社会の創造のために、自分に何が出来るだろう。

    自分の明確な目的、有意義な価値観、未来のイメージって何だろう。
    自分が本当にやりたいことって何だろう。

    自分の内なる声に耳を傾け続けて出来てた1つの想い、
    必ず辿り着きたいと願う 社会のあり方。

    それが、
    『人材』を『人財』へ変える仕組み(全体最適思考)を提供し、
    働く人々が、共に成長し、共に笑い、共に感謝し合える社会の創造です。

    日々、このビジョンにワクワクしながら、全速前進していきます。
    そして、決して小手先のテクニックに走ることなく、
    企業の、人のあり方を 模索していきます。
    DO(どうするか)ではなく、BE(どうあるか)。DO→BEの社会へ。

    5

One Responseso far.

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です