• 皆さまの会社に、CI(Corporate Identity)はありますか?

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨日は、午前中はゆっくりと過ごし(息子を朝6時に高校に送っていきましたが)、お昼からはNICEONの軸を改めて見直し、夕方には息子を高校まで迎えに行って、そのままお墓参りに行ってきました。

    今日は、台風の影響が出る前に、娘とお墓参りに行ってこようと思います。

    慌ただしいのか、ゆっくりしているのかは分かりませんが、すごく大切な時間を過ごしているなとは感じています。

    CI(Corporate Identity)は、3つのIdentityで構成されている

    CIとは、【企業の精神(Mind Identity)】【企業の行動(Behavior Identity)】【企業の表情(Visual Identity)】とが三位一体となって完成するものです。

    ここでいうIdentityとは、【一貫性】のことであり、精神と行動と表情に、一貫性があることが求められています。

    また、その構造は、企業の精神であるMind Identityを核にして、それを、Behavior IdentityとVisual Identityが取り囲んだ状態で社会に伝わっていきます。

    つまり、一貫性のある企業は、そのテイストがそのまま社会に伝わっていきますので、認知度が高くなっていきますが、一貫したものがない企業は、社会にその想いが届きません。

    よく、〇〇〇〇さんらしいですね!っていう声を聞きますが、テイストが揃っている会社は、そこで働く社員さんのテイストも揃っていきます。

    NICEONの社員が、【NICEONっぽく育ちましたね〜】って言われるようになるって、本当に素敵なことだと思います。

    想像しただけでも嬉しいです。

    だからこそ、そういう状態を作っていくためには、CIの核であるMind Identityは、絶対に明らかにしなければなりません。

    なぜなら、この核こそが、社外に伝わっていくのですから。

    では、添付の写真をご覧ください。

    これは、CIの一部ですが、企業(法人)倫理から行動規範・行動指針までが、Mind Identityになります。




    皆さまの会社には、企業の精神であるMind Identityがありますか?

    そのMind Identityは、企業倫理を軸に一貫したものになっていますか?

    NICEONは、設立時にすべてを作成しておりましたが、それを、企業倫理から1つずつ見直しています。

    というよりも、企業倫理がなければ見直すこともできませんので、もし、企業倫理がない会社は、まず、その作成から取り組まなければなりません。

    永続する限り変えてはいけないものは、企業倫理のみ

    企業倫理とは、企業として守り行うべき【道】のことです。

    また、善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもので、企業としての【道徳】【モラル】のことです。

    事業継承においては、【誰に】【何を】【いつ】継がせるのかという3点を決めておかなければなりませんが、【何を】の中には、絶対に企業倫理が入っていなければなりません。

    そして、企業倫理だけは、未来永劫にわたって普遍的なものでなければなりませんので、何をもとにして作成するのかが、ものすごく大切です。

    ちなみに、NICEONは、下記の写真などを参考に作成しております。



    そして、出来上がった企業倫理が、【至誠、天に通ず 〜内面の真実をもって事に当たり、天と通じて人を動かす〜】です。




    この企業倫理から、経営理念・企業理念・経営方針・行動規範・行動指針・業務内容を、1つ1つ丁寧に見直していっています。

    今年中には、シンボルマークまでを、一貫したテイストのものに仕上げます。

    NICEONと言えば・・・

    徐々にではありますが、しっかりとした【土台】が出来てきているようです。

    これからが、さらに楽しみになってきました!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください