息子が高校野球を辞めた日 〜お世話になった皆さまからの言葉に涙が止まらず・・〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、10年周期のバイオリズムについてご紹介させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
全ての人に備わっている10年周期というバイオリズム 〜私は今年から咲期に突入しました〜


その中で、花が咲く時期だから勝手に咲くのではなく、【土地を耕し、種をまき、水をやるから】花が咲くということをお伝えさせて頂きました。


皆さまの咲期は、いつでしょうか?


そのために、種をまき、水を与えてきましたでしょうか?


もし、そういう時期を過ごしていなかったとしたら・・


大丈夫です。


10年で、会社を創り変えることができます。


だから、10年周期なのですから。


それでは、今日のブログです。


高校1年生の息子が、高校野球を辞めました

私には、高校1年生の息子と、中学2年生の娘がいます。


息子は、小学2年生から野球を始め、娘は、小学1年生からヒップホップダンスを始めました。


そして、二人とも、現在に至るまで、辞めることなく続けてきました。


が、息子が先に、野球を辞めることになりました。


お父さん、次はいつ帰ってくると?


いつもは聞いてこないのに、やたらと聞いてきました・・・


私は、察しました。


【辞める決断】をしたのだなと。


息子とは、そのあと、ゆっくりじっくりと話をしました。


これまでのこと。


そして、これからのこと。


彼なりに、ものすごくよく考えていました。


その言葉に、彼の成長を実感しました。


力の限り、彼の新しい人生を応援したくなりました。


野球よりも得意分野なので、ガンガン伸びるでしょう、きっと。



お世話になった皆さまからの言葉に涙が止まらず・・

彼の正式な退部が決まったので、これまでお世話になった皆さまに電話をしました。


そして、その都度、息子に代わりました。


彼にかけて下さっている言葉が想像できて、もう、涙が止まりませんでした。


彼は、すごく冷静で、泣いているのは私だけでしたが・・・


息子よ。


私のわがままだったのかもしれないね。


私のために、野球を続けてくれていたのかもしれないね。


パパに、素敵な時間をありがとう。





最高の思い出をありがとう。


これからは、パパに遠慮することなく、自分が決めた道を、思う存分突き進んでね。


いつまでも、力いっぱい応援します!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.318

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録