• 2025年のワールド・ベースボール・クラシックの監督は・・?ズバリ、立浪和義さん!

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    先に、白状します。

    今日は、ワールド・ベースボール・クラシック(以下、WBC)のブログを書くつもりではなかったのです。

    最初に書いたタイトルは、【結論から聞きたいのに、イチから丁寧に話す人にイライラするのは□タイプ】でした。

    なので、STRコミュニケーション協会のサイトにて、□タイプの有名人を探し始めました。

    あまりにも多くの人がヒットするので、もっと的を絞ることにしました。

    そこで、私と同じ、【□3陽】を心に持った野球選手で検索しました。

    ん?!





    プロ野球の世界で、一流選手として活躍しただけでなく、選手からもファンからも愛されたお二人がいるじゃないですか!

    ん?!

    小久保さんと稲葉さんといえば、侍ジャパンの監督じゃないですか!

    そうなると調べたくなりますよね。

    歴代の監督をw

    WBC歴代監督のスコアは、□2→△4→□3→□3→□3

    早速、Wikipediaで、WBCの歴代監督を調べてみました。







    世界一に輝いた、王監督と原監督は□2と△4でしたが、山本監督からは、全員□の3番でした。



    □の3番といえば、超がつく負けず嫌いで、完全なる短期決戦タイプ。

    そして、勝負となったら、ジャンケンでも負けたくない。

    読売ジャイアンツの終身名誉監督である、長嶋茂雄さんも□の3番ですから、長いペナントレースをどう戦うかより、毎日毎日勝ちたいタイプであったはず。

    だからこそ、毎日勝てるだけの選手を集めたと思えば、超重量打線にも納得ですよね。

    気になるのは、侍ジャパンの監督の役割が、WBCという期間だけを勝ち抜けばいいのではなく、4年間でチームを作っていくというところです。

    □の3番は長期的な展望が苦手ですから、最高の舞台を作ってくれる名参謀が必要なのです。

    現場では、誰よりも直感の働く□の3番ですから、勘ピューターで勝ちをもぎ取りにいきますが、餅は餅屋。

    監督だからチーム作り!ではなく、勝つために、どの役割を果たすかで決めれば良いですよね。

    それが、自らの強みの活かし方であり、自らの強みの活かし方を知ってる人だけが、他者の強みも活かせると思うのですが、如何でしょうか?

    2025年のWBC監督は、立浪和義さんで決まり?!

    □の3番が3人続きましたので、せっかくなので、次も□の3番に期待!

    検索した名前を見ていくと、勝ちをご存知の方がいらっしゃいました。

    PL学園時代から、勝ち続けていた人です。

    その名は、立浪和義さんです。



    立浪さんが、侍ジャパンの監督になった時を想像してみると、かなりいい感じだと思うのは、私だけでしょうか?

    TOKYO, JAPAN – MARCH 07: Outfielder Yoshitomo Tsutsugoh #25 of Japan talks to former player Kazuyoshi Tatsunami prior to the World Baseball Classic Pool B Game One between Cuba and Japan at Tokyo Dome on March 7, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Masterpress – Samurai Japan/SAMURAI JAPAN via Getty Images )

    □の3番のことなら、心も頭も□の3番の私に聞いて下さいね。

    □の3番の取扱説明書を伝授致しますw

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ筋トレVol.56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください