息子が高校を休みがちになってしまったのですが、どうしたら良いですか?との相談を受けました

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日は、実家に集まる予定でしたが、台風を考慮して、中止にしていました。


とはいえ、実家ですから、仏様にお参りはしないといけませんので、お昼に行ってきました。


すると、鳥栖は台風の影響もなく、大雨にもなりませんでしたので、結局、なんだかんだでみんな集まりました。


いつまでも親族が仲良く居られるのは、本当に幸せことです。


数年前までは、子供たちがまだ小さかったので、どんちゃん騒ぎになっていましたが、今は、ゆっくりと話せるようになりました。


こうやって、みんな大人になっていくんでしょうね〜。



先日、息子が高校を休みがちになってしまって…と相談を受けました

皆さんは、知人から、そのお子さんについて相談を受けたら、どうなさいますか?


その方の話をじっくりと聞いたり、お子さんのやりたいことを聞いたり、ご自身の体験から話をしたりと、まずは、寄り添われるのではないかと思います。


私も、基本的にはそうします。


しかし、私の場合は、ある程度のお話が聞けたら、STRスコアを調べます。


今回の場合、誕生日を入力したら、次のようなスコアが出てきました。




私とは明らかに違うタイプの時は、内容をしっかりと読んで、STRスコアが似ている友人を探します

スコアを見たときに、私とはほとんど違うことが分かりましたので、まずは、1つ1つを丁寧に読みながら、知人に確認していきました。


まずは、宿命から。




その息子さんの行動が、あまりにも顕著に当てはまっていて、ビックリでした。


そして、次は心、つまり、その息子さんの本質です。




本来の彼は、山のような人であり、◯4の心を持っています。


これが、高校で出せているのかどうか…?


なぜ行かないのか?と聞く前に、もし、そういう自分で居られないことが原因ならば、その承認をしてあげる必要がありますよね。


次に、顔です。




この部分は、私と同じなので、話を聞きながら、思い当たる節がありました。


すごく周りの目が気になってしまい、それに合わせた行動をしようとします。


なので、全力の自分が出せなくなるのです。


そして、いつしか、本来の自分であることを恐れ始めてしまいます。


次に、頭です。




人は、親しくなるまでには、顔→頭→心の順番で自分を出していきます。


その子が、学校の友達とどの自分で付き合っていたのか、とても気になるところです。


1人も知り合いがいない高校とのことでしたので、顔か頭で接していたことでしょう。


そうすることに、疲れてきたのかもしれませんね。


次に、適応値です。




今回、最も気になったのが、この部分でした。


◯4ということは、疎外感が最もダメなタイプですから、みんなと一緒に居たいはずです。


その想いが強くなればなるほど、適応値の小さい相手からすると、しんどくなってしまい、距離を置かれてしまいかねません。


相手の適応値が分かりませんので、なんとも言えませんが、パワフルの45ですから、他の人よりも高いと思って接していて、ほぼ間違いありません。


次に、能力です。






人は誰しも、生まれ持った資質というのがありますが、それに気づくのは大変なことです。


STRだと、それを示してくれますので、今、それを生かせている環境なのかを判断することができます。


もし違うことをやってきていたのであれば、その資質を生かせそうなことを勧めるのも良いと思います。


最後に、褒め言葉です。




その子にとって、何を褒められることが大切なのか、それを知って、声をかけてみるのです。


私の場合は、大切な人のスコアがリストで出てきますので、◯4山のタイプを探して、状況を説明して、どう思うかを相談もします。


なぜなら、タイプが違うというのは、考え方の根本が違うわけですから、分かると思う方が傲慢ですよね。


自分の子どものことなら、なおさらです。


子どものことを本当に意味で理解するためには、その本質である【心】を知る必要があると心から思っています。


このように、STRスコアによる見立てで、今までとは違ったアプローチが可能になりました。


それだけでなく、私が私である理由とともに、あなたがあなたである理由にも思考が及ぶようになったことは、私の人生をより豊かにしてくれたと思います。


STRは、深く学ぼうと思えば、どこまででも深掘りできますが、まずは、体験してみませんか?


めちゃくちゃ楽しい学びに繋がりますよ!


自分と世界を幸せにしよう!


STRコミュニケーション協会のサイトは、こちらです。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.130

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録