我が生涯に一片の悔いなし! 〜最後の日にそう思えるとしたら、今日は何をする日ですか?〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、NICE ONの10期目の始まりのご挨拶をさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
2020.0401 NICE ONの第10期目が始まりました!


改めまして、いつも私たちNICE ONを可愛がって下さいまして、本当にありがとうございます。


今、コロナウイルスによって、地球全体が大きなダメージを受けています。


それでも、前に進む。


天命を全うする。


そういう気持ちでいられるのは、これまでに関わって下さった皆さまのご支援があったからに他なりません。


この気持ちを絶対に忘れることなく、自信を持って、前に進んでいきたいと思います。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


それでは、今日のブログです。


何のために生かされているのか

皆さまは、何のために生きているのか・・?


そう、自分に問いかけたことがありますか?


私は、これまでの人生において、大いに問いかけてきました。


そして、さっぱり分かりませんでした・・


なぜ、分からなかったのか・・?


それは、【生きていること】について、自らに問いを出しているからです。


生きていることは、自分の力ではありません。


この世に生を受けたことも。


いつか死が訪れることも。


その理由は誰にも分かりません。


それが、【生きている】ということです。


私たちが問わなければいけないことは、何のために生きているのか?ではなくて、【何のために生かされているのか?】なのです。



我が生涯に一片の悔いなし!

私は、何のために生かされているのか?


今日という1日があるのは、何のためなのか?


大好きだったマンガ【北斗の拳】で、ラオウはこう言って自らの生涯の幕を閉じました。


我が生涯に一片の悔いなし!!


ラオウは、最後の日に、なぜ、そう言えたのでしょうか?


それは、天命を全うしたからではないでしょうか。


その天命とは・・


それが、私たちが生かされている理由です。



最後の日にそう思えるとしたら、今日は何をする日ですか?

我が生涯に一片の悔いなし!!


皆さまが、最後の日を迎えたときに、そう思えるとするならば、今日という1日は何をする日でしょうか?





何のために生かされているのか?


今日1日をかけて、自らに問う。


そういう日であっても構いませんよね。


今、コロナウイルスが蔓延しています。


身体に、商売に・・大きなダメージを受けている方が沢山います。


いつ終息するかも分からないほど、地球が悲鳴をあげています。


だけど、私は元気です。


私は、生かされています。


天命を全うするために、今日という1日を使うことが出来ます。


そのための、今日です。


未来を創るための、【今】です。


一人ひとりが、自ら考え、行動しましょう。


私は、人の笑顔が大好きです。


だから、今日も、一人でも多くの人が笑顔になれるように、大切に時間を積み重ねます!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.361

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録