環境が変わると、人が変わる不思議 〜カタチがその人をその様に創っていく〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日から、大分に来ています。

13時から色んな会議に参画させて頂き、その様子を、ジーッと拝見させて頂きました。

真っ新な気持ちでただただ聞いていますので、感情の移り変わりや停滞が、手に取るように分かりました。

会議の質を上げるには、こういう風に、客観的にただただ聞いている人の存在も、必要なのかもしれませんね。

なぜ会議がうまくいかないのか、よーく分かると思います。

環境が、その人をその様に創っていく

環境が変わると、水を得た魚のように、活躍し始める方っていますよね。

プロ野球の世界でも、所属する球団が変わった途端に、人が変わったように打ち始めたりする選手がいます。

それは、監督やコーチとの相性、あるいは、本人の運気が影響しているのではないかと思われます。

こういった事例は、今日のブログでお伝えしたい【環境学】とは、少し違う要素になります。

つまり、環境には【人に関わる環境】と、【場所のカタチに関わる環境】があるのです。

では、本題に入ります。

突然ですが、皆さまの会社や使っている部屋のカタチは、東西に長いでしょうか?

それとも、南北に長いでしょうか?

モノの流れ、つまり、流通が良くなるとされるのは、東西に長いカタチです。

心や言葉の流れ、つまり、精神が良くなるされるのは、南北に長いカタチです。

また、移ってきた人や企業が、決まってどんどん成長して、更なる場所に移っていく出世部屋や出世土地があります。

逆に、移ってきた人や企業が、ことごとく元気がなくなり、衰退していく部屋や土地があります。

こういった【場所のカタチに関わる環境】というのは、すぐに、そうなるわけではありません。

3年経つと、そこに根が付くという言葉の通り、長く居れば居るほど、その場所に応じた結果になっていくのです。

つまり、私たちの【考え】は、【カタチ】を超えることが出来ません。

だからこそ、私たちは、環境を学ばなければならないのです。



リーダーを育てたいなら、リーダーが育つ環境に。

右腕を育てたいなら、右腕が育つ環境に。

自然の法則に適わないモノは、絶対にそうはなりません。

3年以上、その場所に根を張ることになるのであれば、まずは、その場所のカタチを考慮しなければ、私たちの想い描いた理想では無く、その場所に応じた未来に辿り着いてしまいます。

ぜひ、環境を味方に付けて、場の後押しを受けましょう!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.212

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録