辞める日を決めてみると、やりたいことが明確になる

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

今日から、NICE ONの一大イベントが始まります。

記念すべき、第10回久留米OA大会。

そして、私の原点、第13回久留米MG。

この3日間、全国から40名を超える皆さまが、福岡県久留米市にお越しになり、共に学び合います。

最高の時間になるように、全力を尽くします!

辞める日を決めてみると、やりたいことが明確になる

皆さま、社長に就任したとしたら、1番最初に何をなさいますか?

あるいは、何をしなければならないと思いますか?

経営理念を作ったり・・

経営ビジョンを作ったり・・

資金集めをしたり・・

もちろん、時と場合に応じて、色々あるとは思います。

でも、次の1文をその候補に加えて頂きたいです。

それは、【社長を辞める日を決める】ことです。

10年でも、20年でも、それは構いません。

私がお伝えしたいのは、【期限】を設けて頂きたいということです。

ビジョンに到達したら辞める・・

後継者が出てきたら辞める・・

そうではありません。

2032年3月31日に、NICE ONの代表取締役を辞める。

つまり、日付が必要なのです。

そう決めると、あと13年になりますよね。

13年後のNICE ONの姿は?

その間に為すことは?

どういう道を歩く(どういう計画にする)?



決めた瞬間に、13年間のものの見方に変わります。

1年、1年を積み上げていくことも大切です。

しかしながら、13年間を空想することも大切です。

経営者の【時間軸】は、1つでは、いけません。

超短期

短期

中期

長期

この4つを、同時に考えていかなければなりません。

私は、これから20年で、3社の会社の代表を退きます。

そして、【鳥栖】に帰ります。

それからは、鳥栖に、お客様が訪ねてきて下さるような【人物】になっていたいものですね。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.229

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録