4月8日は佛教の日 〜お釈迦様の言葉、天上天下唯我独尊〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、【苦しみ】について、2月末に説法で聴いたお話をご紹介させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
人生は苦なり・・しかし、【苦から逃れたい】と思うことから始まるのが佛教の教え


苦しみを乗り越えるのではなく、まずは、苦しみから逃れたいと思うこと。


そして、幸せになりたいと願うこと。


佛教とは真逆ではないかと思っていたことが、佛教の教えの始まりでした。


いつの間にそう思うようになったのかは分かりませんが、思い込みって怖いですよね。


まだまだ学びが足りませんので、きっと、他にもあるのでしょうね・・


もっともっと、見聞を広げます!


それでは、今日のブログです。



4月8日は佛教の日

今日、4月8日は、佛教の日なんだそうです。


なぜ、4月8日かと言うと、お釈迦様がお生まれになった日だからだそうです。


でも、私は、4月8日と聞いたとき、パッと四苦八苦だからかな?と思ってしまいました。


4月8日で、四苦八苦。


我ながら、よくもまぁ、そんな言葉が浮かんだなと感心してしまいましたw


ところで・・


皆さまは、四苦八苦の内容ってご存じでしょうか?


私は、全く知りませんでしたが、次のような意味が込められているそうです。


身体の苦しみが4つ、そして、感情の苦しみが4つ。


これらを併せて、四苦八苦というんだそうです。


そして、身体の苦しみの4つとは・・


生まれる苦しみ。


老いる苦しみ。


病気の苦しみ。


死ぬ苦しみ。


つまり、【生老病死】と言われるものになります。


次に、感情の苦しみの4つとは・・


【愛別離苦】大切な人と別れなくてはならない苦しみ。


【怨憎会苦】会いたくない人とも会わなくては行けない苦しみ。


【求不得苦】欲しいものが手に入らない苦しみ。


【五陰盛苦】食べる事を我慢できない。 寝る事を我慢できない。 性欲を我慢できない。 などの、理性的な事の苦しみ。


これらの8つの苦しみを総称して、四苦八苦というんだそうです。


書きながら思いましたが、やっぱり苦しいですよね。


出来ることなら、味わいたくはありません。


ここは、佛教の教えでもありますし、素直に、これらの苦しみから逃れたい!って思うようにします。



天上天下唯我独尊

ちなみに、お釈迦様が仰った言葉として、【天上天下唯我独尊】というものがありますが、その意味ってご存じでしょうか?


よく、特攻服の背中に書かれていますよね〜w


なので、その意味を勘違いされている方も多いかもしれませんね。


しかし、この言葉の意味は、すごく清らかなものです。


天にも地にも、この身ほど、尊いものはない。





つまり、私たち一人ひとりの命ほど、尊いものはない。


お釈迦様は、そのように仰っているのです。


自分と違う意見を言っている人も


自分と価値観が異なる人も


絶対に許せないと思っている人も


その1つひとつが、尊いもの。


如何でしょうか?


私たちの在り方ひとつで、関係性の質は全く違うものになりそうですよね。


天上天下唯我独尊


こんな時期だからこそ、1つひとつの命を尊いものとして、自らの行動を決めなければいけないと思います。


そして、日本という国の根本に、この考え方があったからこそ、滅びることなく今に至っているのではないでしょうか。


私たちには、底力があります。


歴史がそれを物語っています。


その力を信じて、みんなで、今に向き合いましょう!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.367-2

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録