明日の覚悟は覚悟やない! 〜てんびんの詩で学ぶ三方よし〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、我が師である西順一郎先生のお言葉を紹介させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
最後は社長の執念 〜 西研究所 西先生からのメッセージ〜


西先生は、最後は社長の執念だと仰います。


何かをやると決めて、それをやり遂げる執念。


困難があっても乗り越える再起力。


私たち経営者には、やはり、その在り方が問われるのだと思いました。


それでは、今日のブログです。



てんびんの詩で学ぶ三方よし

今日は、6年前から時々見ている【てんびんの詩】をご紹介させて頂きます。





*てんびんの詩の詳細に関しましては、こちらのサイトをご参照下さい。
てんびんの詩


この【てんびんの詩】は、株式会社イエローハットの創立者である鍵山秀三郎氏が、その製作に関わられているもので、企業や学校など、多くの現場にて研修教材として使われています。


私は、主催している博多示道塾にて、この映画のことを知りました。


初めて見たときは、そのストーリーに感動して、大泣きしてしまいました。


でも、何回も見るうちに、いろんな立場での気づきを得るようになりました。


近江商人といえば、真っ先に思い浮かぶのが、【三方よし】という言葉です。


この物語は、近江商人とはなんぞや?という構成になっていますので、見れば見るほど、三方よしとは何か?が深まっていきます。


そして、お客さまや周りの社員さんと、いかに関わるのか?という、その在り方が、明確になっていきます。


何十年も前の映画なので、今の時代には合わない…と思われるかもしれませんが、そうではありません。


不易流行


変えてはいけないものと、時代に応じていくものがあります。


それを知る上でも、この【てんびんの詩】は、とってもお勧めです。



明日の覚悟は覚悟やない!

主人公の大作くんが、一睡もせずに疲れ果てて家に帰りました。


その時に、出迎えたお母さんがこう言いました。


覚悟はできましたか?


大作くんは、こう返事しました。


覚悟はできました。


なので、今日は寝て、明日から頑張ります。


そして、お母さんが、こう言い放ちました。


明日の覚悟は覚悟やない!


如何でしょうか?


今やるのではなく、明日からやる。


こうやって引き伸ばしてきたことが、いくつあるでしょうか?


そして、その行動が【今という現実】を作っているのです。


私も、引き伸ばそう。明日やろう。そう思うときがあります。


そんなときには、このてんびんの詩を思い出します。


というより、【明日の覚悟は覚悟やない!】という言葉を思い出します。


大作になったつもりで、お母さんの言葉を聞くのです。


そういう意味では、このてんびんの詩は、私のやる気スイッチなのかもしれません。


よーし、やったるぞー!


そんな力を漲らせたいときに、すごく見たくなる映画です。


ぜひ、ご覧くださいね。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.325

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録