最後は社長の執念 〜 西研究所 西先生からのメッセージ〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、問題解決には、2つのアプローチがあることをお伝え致しました。


昨日のブログは、こちらです。
因果思考と共創思考 〜問題解決のためのアプローチの違いとは 博多示道塾での学び〜


因果思考は、原因と結果が見えるモノに対するアプローチとして有効です。


また、共創思考は、士氣を高める組織創りなど、目に見えないモノに対するアプローチとして有効です。


どんな問題に対して、どうアプローチしていくか。


問題解決能力をアップするためにも、知っておかなければならない原理原則ですね。


それでは、今日のブログです。


良い会社には、PMCが揃っている

2月22・23日(土日)は、MG(マネジメントゲーム)の誕生祭である、MGF(MGフェスティバル)が開催されました。


私は、2018年2月以来、ちょうど2年ぶりの参画でした。


2018年2月のMGF


このMGFは、通常のMG研修とは違い、初日はゲーム、2日目は事例発表になります。


70名近くで行うゲームはすごく圧巻ですが、この事例発表が、本当に素晴らしいんです。


MGFを主催される、我が師、西順一郎先生は、【良い会社にはPMCが揃っている】と仰いますが、MGFの事例発表には、このPMCが散りばめられていると感じるからです。


ちなみに・・・


Pとは、Performance。業績のことです。


Mとは、Motivation。やる気のことです。


Cとは、Creation。創造のことです。


PMCについての詳細は、こちらのブログをご覧下さいませ!
いい会社には、PMCが揃っている! 〜向上させたいPMCとは何か?〜


如何でしょうか?


皆さまの会社では、良い会社の条件であるPMCが揃っていますでしょうか?



最後は、社長の執念

西先生は、こう仰います。


日本の企業で1番弱いのは、Pである。


つまり、業績を上げられる企業が、圧倒的に少ない。


この言葉を西先生に聞いてから、研修会場にて、【日本の企業で1番弱いのは?】という質問をさせて頂くことがあります。


すると、ほとんどの方が、Creation(創造)と答えられるのです。


Performance(業績)が上がらないのは、Creation(創造)が弱いから!という意味なのでしょうか。


しかし、西先生の考えは違います。


Performanceが1番弱い。


その理由は、業績を上げる!という【社長の執念】が足らないからだそうです。


そういう意味では、今年のMGFの事例発表からは、その覚悟【社長の執念】を十分に感じることが出来ました


経営は、小手先だけでは何もできないことを、改めて痛感させて頂きました。


何が何でもやる!


まずは、大前提として、こういう気持ちが大事ですよね。


やっぱり、仲間の事例発表には感情移入もしますし、セミナーでは得られない学びが詰まっています。


地元九州でも、こういう機会を、もっと増やしていこうと思います!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.324

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録