STR(素質適応理論)で▢(しかく)タイプの妻 〜旅行で最初に決めるのは・・?〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、勉強と掃除に関する息子との会話をご紹介させて頂きました。

昨日のブログは、こちらです。
掃除する時間と勉強する時間 〜どちらを優先していますか?〜


人生を豊かにしたい。


成果を出したい。


本氣でそう願うのであれば、自分のことだけに集中するのではなく、もっと他にも目を向けなければなりません。


大切なことを大切にすることを最優先にしたうえで、自らの努力を怠らない。


きっと、大輪の華というのは、その上に咲くものだと思うのです。


それでは、今日のブログです。



旅行の時に最初に決めるのは・・?

私事ではありますが、2021年4月18日に、結婚20周年を迎えます。


ということで、妻に、家族旅行に行こう!と伝えました。


すると、妻の口から最初に出た言葉は・・・?


何日くらい?


どこに?でも、誰と?でも、なんで?でもありませんでした。


これ、STR(素質適応理論)でいう【▢(しかく)タイプ】の特徴でしょうかね〜


STRコミュニケーション協会のサイトより



STRの詳細につきましては、こちらのサイトをご覧下さいませ!
STRコミュニケーション協会


NICE ONの公式ブログでも、STRの記事は多く書いてきましたので、ご興味がある方は、読んで頂けると嬉しいです。
全ての人に備わっている10年周期というバイオリズム 〜私は今年から咲期に突入しました〜


話を旅行に戻しますね。


私も、妻と同じ▢タイプですので、私だったら何を聞くか、考えてみました。


真っ先に浮かんだのは、【どこに?】でした。


妻は、何日くらいの旅行かによって、行きたい場所が変わると言いました。


確かに!


妻は、そのあと、何を食べたいかによっても変わるって言い始めました。


確かに!


こんな感じで話は進みましたが、私と妻は、何の違和感もありませんでした。


▢タイプは、まず、自分が何をしたいか?とか、何ができるか?を考えがちなのだと思います。


この会話、皆さまだとどうですか〜?


全く違う・・・


そう思われた方は、▢タイプではないかもしれませんね!



知っていると得をするSTR

〇(まる)タイプの皆さまだと、【誰と一緒に?】が真っ先に浮かぶのでしょうか?


△(さんかく)タイプの皆さまだと、【来年で良くない?】なのでしょうか?


○と▢と△。


この3タイプによって、気になるポイントが違います。


この違いがキッカケとなり、不調和を生むことがよくあります。


私は、妻が▢、子供たちが〇タイプだと知っています。


知っているからと言って、気持ちが分かるか・・?というと、分からないときが山ほどあります。


でも、違いがあることを知っているだけで、イライラするのではなく、楽しめます。


やっぱり、そう考えるんだなぁって。


これ、すごく大きいことだと思いませんか?


STRは、知っていて損なことはありません。


無料で調べられますので、ぜひ、やってみて下さいね。
無料診断は、こちらです。


特に、皆さまの大切な人も合わせて調べることが大切ですよ〜。


自分を知り、相手を知る。


これが、コミュニケーションには不可欠ですから。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.328

yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録