• いい会社には、PMCが揃っている! 〜向上させたいPMCとは何か?〜

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    昨夜、東京より鳥栖に帰ってきました。

    2日間の研修でしたが、すごく充実した学び合いの時間になりました。

    最近は、教育って、講師側が、教えられ、育まれるものなのだなと、すごく感じています。

    講師としての【在り方】なんでしょうか。

    すごく、見え方が変わってきているような気がします。

    この感覚を、この先も大切にしていきます。

    西式経営の3つの特徴

    PMCとは・・に入る前に、この言葉を教えて下さったのは、西研究所の西順一郎先生です。

    なので、今日のブログは、西先生からの教えのご紹介です!

    西先生からこのお話をお伺いしたときは、そうか!と思って、NICEONを【いい会社】にするために、この3つを揃えるぞ!と、内側からエネルギーが湧き上がったのを、今でもハッキリと覚えています。

    まず、西式経営は、3つの経営から成り立っています。

    その3つとは、【科学経営】【全(社)員経営】【Yリロン経営】です。

    それぞれの経営の特徴は、別の機会にブログにて紹介させて頂きますが、これらの経営を通して向上させていくのが、PMCになります。

    いい会社にはPMCが揃っている

    Pとは、【Performance】のPということで、【業績】になります。

    つまり、いい会社の1つめの条件は、【業績が向上している】ということになります。

    利益が目的ではないとは言いますが、繁栄するためには、業績を向上させることは大切です。

    なぜなら、業績とは、お客様から支持されないと、向上しないからです。

    日本の企業の、7割から8割は赤字だといいます。

    赤字とは、お客様から頂く粗利総額よりも、会社が使っている経費が多い状態を言います。

    会社の中では、1円の粗利も生むことができません。

    すべて、会社の外にあります。

    つまり、P(業績)がいい会社とは、お客様から、圧倒的な支持を得ている会社と言い換えることが出来そうです。

    次に、Mとは、【Motivation】のMということで、【やる気】になります。

    いい会社には、やる気に満ちた社員さんが沢山います。

    経営は生きものなので、良いことばかりではありません。

    立て続けにリスクが発生することだって、起こりえることです。

    そんなときに、やる気に満ちた社員さんがいる会社は、自分たちで何とかしようとします。

    【再起力(レジリエンス)】が発揮され、一時的に落ちたとしても、しっかりと立て直してくるのです。

    書きながら、いい会社だなぁと実感してしまいましたw

    最後に、Cとは、【Creation】のCということで、【創造】になります。

    創造とは、何でしょうか?

    無を有(カタチ)にすることですよね。

    創造力に富む企業や人は、破壊を恐れません。

    なぜなら、新しいもの(こと)を生み出せるからです。

    いや、生み出し続けられるからです。

    こういう会社は、世の中にとって必要とされますよね。



    いい会社には、PMCが揃っている。

    皆さまの会社は、如何でしょうか?

    Pを向上させる【科学経営】

    Mを向上させる【全(社)員経営】

    Cを向上させる【Yリロン経営】

    ぜひ、皆さまも、西順一郎先生から教わってみて下さいね!

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください