会社を変えたければ、まずは、ハカること。でも、何をハカれば良いのか分からない、あるいは、ハカるものがいつも同じ人にお勧め:三谷宏治著「ハカる」力 〜図るより、謀るより、諮るより、計れ、測れ、量れ!〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、久しぶりにSTR(組織適応理論)について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
STR(素質適応理論)による軍師タイプは、現場が嫌い?!


私は、今年で46歳になりますが、25歳からの20年で、1,000万円以上の研修費用を支払ってきました。


そういう意味では、わりと色んな研修に行った方ではないかと思いますが、このSTR研修に関しては、ほかの研修とは全く違った点が1つあります。


この1点が、納得感に繋がるわけですが、それは、参加してからのお楽しみです!


他の研修では、なかなか取り入れられないでしょうね〜


STRの入門編は、5,500円(税込み)ですので、【大切な人との人間関係でお悩みの場合】は、ぜひ、足を運んでみて下さいね。


それでは、今日のブログです。



三谷宏治著「ハカる」力 〜図るより、謀るより、諮るより、計れ、測れ、量れ!〜

私は、【数字を扱う】お志事をさせて頂いております。


ただ、熱い性格からなのか、血が通わない数字は好きではありません。


数字の後ろにある【ストーリー】に、共感・共鳴したいのだと思います。


だからといって、【避けては通れない数字の世界】があるんだなぁと、気付かせて頂いた本があります。


それは、三谷宏治さんが書かれた、「ハカる」力という本です。





帯にある、【図るより、謀るより、諮るより、計れ、測れ、量れ!】という言葉が、強烈なメッセージとして飛び込んできますよね。


よく、【気付かなければ、解決することができない】という言葉を耳にしませんか?


逆に言えば、【気づきさえすれば、解決することができる】ということだと思いますが、気が付かなけば元も子もありません。


私は、この本を読んだとき、数字に血を通わせる前に、【何に血を通わせば良いのか】を知らなければ、【お前には何もできないよ!】と、著者である三谷さんから指摘された気がしました。


つまり、何に血を通わせば良いのか、気付けているのか?ということです。


その通りですよね。


血が通った数字が好きだと言っても、お客さまの悩み事を解決することはできません。


血が通っていない数字を、いかに、血の通った数字に変えてあげられるかが志事です。


頭を、ガツーンと殴られた気がしました。


では、どうすれば【気づき力】は高まるのでしょうか?


それは、【ハカる力】をつけていくことだと、この本から学ぶことができました。



ありふれた情報から新しい価値をつくる!

三谷さんは、新しいビジネスモデルとは、【新しいハカり方】のことであると仰っています。


そして、【ハカる力】が世界を変えていくと続けられています。


如何でしょうか?


私たちは、身の回りにある何をハカれば、新しい世界を作ることが出来るのでしょうか?


その挑戦領域として、3つのことが掲げられています。


1つは、【モノではなく、ヒトをハカる】ということです。


2つめは、【頭で考えるのではなく、つくってハカる】ということです。


そして、3つめが、【これまで通りではなく、新しいハカり方】を創るということです。


本の中では、この3つについて、事例を交えて説明があります。


そして、読み進めるうちに、自分に足らない力について、痛烈に感じることになると思います。


私には、圧倒的に【ハカる力】が足らない・・・


だから、思うような成果が出せていない・・・


それからです。


お客さまのお悩みをお伺いするときに、数字に拘るようになったのは。


売上のシェアが、だいぶ落ちてきていて・・


だいぶって、何%ですか?


クレームが最近めちゃくちゃ多いんです・・・


めちゃくちゃって、何件ですか?


これは、初歩の初歩なのですが、それでも、知らず知らずのうちに、数字の無い会話って繰り広げられているものです。


2019年末に行ったスウェーデンの視察研修でも、同じことが言われました。


CO2の削減って言ってるけど、日本人ひとりあたり、年間どれだけのCO2を出しているか知ってますか?


ハカっていないということは、何も生み出せないということ。


まずは、身の回りからです。


ハカる習慣を身につけましょう。


三谷さんの「ハカる」力。


ぜひ、読んでみて下さいね!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.285

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
    NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

    「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

    MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

    【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

    1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

    保有資格

    ■西研公認MGインストラクター
    ■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
    ■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
    ■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録