• 未完成の完成が完成 〜モノゴトに完成は無い〜

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    今日は、名古屋での研修の2日目です。

    17名の皆さまが、それぞれの個性そのままで学べる場を作れるように、しっかりと意識して、言葉を使っていきたいと思います。

    簡単なことではありませんが、やりがい十分です!

    未完成の完成が完成

    【未完成の完成】という言葉を、ググってみてください。

    そこに、【未完成の完成の塔】の話が出てきていると思います。

    この塔は、長野県上田市にある前山寺の三重塔のことなのですが、弘仁3年(812年)に、【弘法大師空海】が、護摩修行の霊場として開創したと言われており、国の重要文化財に指定されています。



    今回は、この塔のことではなく、【未完成の完成】という言葉にフォーカスをしたいと思います。

    実は、未完成の完成という言葉には、続きがあります。

    それは、【弘法大師空海】の言葉になるのですが、【未完成の完成が完成】という言葉です。



    皆さま、如何でしょうか?

    【今】という時間で物事を捉えるならば、ある程度の物事は、【完成している】かのように見えますよね。

    私は、MacBookPro、iPad Pro、iPhoneXsを使っていますが、すでに完成の域に達していると思ってしまいます。

    しかし、【未来】に軸を置くと、どうでしょうか?

    30年後から、今使っているモノを見たとき、【こんなモノ】を使っていたんだ・・・という時代になっていると思うのです。

    つまり、未来から見れば、全てモノは【未完成】であり、今は、【未完成の完成】【完成】なのです。

    この世に、【完成はない】と言い換えても良いかもしれません。

    もちろん、私も、未完成です。

    未完成ですが、四ケ所秀樹の【最新バージョン】として、【今】を一所懸命に生きています。

    ただ、気を付けていることがあります。

    それは、過去−現在−未来は、三世一体であり、今の選択が未来を創るということです。

    そのためにも、未来に軸を置いておかなければなりません。

    なぜなら、今を軸におくと、どうしても【損得】での選択をしてしまいがちだからです。

    逆に、未来に軸を置くと、損得での選択ではなく、【未来への選択】になりますよね。

    皆さまは、未来を描けていますでしょうか?

    私自身、未来をイメージするのがとても苦手だったのですが、苦手・苦手と言っていたら、全く未来に軸が置けないので、【心穏やかに】【感謝の念】をもって、自分自身がそこに【在る】ことを感じながら、何かが浮かんでくるのをジーーっと待っています。

    不思議と、色んな想いが湧き上がってくるのを感じますよ!

    ぜひ、試してみて下さいませ。

    今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.203

One Responseso far.

  1. […] 昨日のブログにも書きましたが、まずは、自分が自分の存在を感じないと、その先にある、【自分が何であるか】を感じ取ることができません。※未完成の完成が完成 〜モノゴトに完成は無い〜 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください