5年後の貸借対照表を作ってみよう! 第5回 〜月末処理(期末処理)をしていなければ、ウソの利益になっている〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、まず、月末までの意思決定を、貸借対照表にて表してみました。


その上で、その貸借対照表に表示された当期利益が、正しいものであるのかどうか、皆さまに質問させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
5年後の貸借対照表を作ってみよう! 第4回 〜商品を売ったり、給料を支払ったりすると、貸借対照表(BS、バランスシート)ってどう動く?〜


昨日のブログを読んで頂いている方は、お分かりだと思いますが、答えはNO!でしたよね。


いったい何が、NO!なのでしょうか?


それでは、今日のブログです。



月末処理(期末処理)をしていなければ、ウソの利益になっている

まずは、昨日の最後の貸借対照表を、改めて確認してみましょう。





ここに記載されている、当期利益の10万円は、信じても良いのでしょうか?


それが、今日、皆さまと一緒に考えたいテーマです。


もう一度、先ほどの貸借対照表を見てみて下さい。


このシートから、【問い】を持つことができますでしょうか?


私は、少なくとも、2つの問いがあります。


1つは、在庫の記載がありませんので、全ての商品を売り切ったのかどうか。


もう1つは、車両の50万円という金額は、減価償却を終えた数字なのかどうか。


もし、この2つが処理されていなければ、貸借対照表に書かれている10万円の利益は、【ウソ】ということになります。


では、まずは、在庫について考えてみましょう。


100個を仕入れて、80個を販売しましたので、1個1万円の商品が、20個は残っているはずです。


それを、数字にすると、下の図のようになります。





つまり、左側の資産に、商品20万円の記載をしましたので、その分、該当する当期利益が、20万円増えることになったのです。


ただ、これでもまだ、正しい利益とは言えません。



それは、資産に記載されている車両が、購入したときのままの価格だからです。


資産は、買ったときのままの価値が、ずっと続くわけではありませんので、【減価償却】という制度が準備してあります。


具体的には、50万円で購入した車の価値を、いくら減らすのかということです。


この減価償却の方法には、いくつかありますが、計算が簡単で済むように、ここでは、【5年の均等償却】にて計算してみましょう。


どうするかと言うと、50万円の車両の価値を、5年間で均等に減らしていきますので、1年間に10万円ずつ、経費として処理していくのです。


すると、下の図のような貸借対照表になります。





50万円だった車両が40万円に、そして、その分、当期利益30万円が20万円に減っていますよね。


ここで、またまた皆さまに質問です。


これで、正しい貸借対照表になりましたでしょうか?


実は、まだ足りません。


明日は、この続きを書いてみたいと思います。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.279

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
    NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

    「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

    MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

    【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

    1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

    保有資格

    ■西研公認MGインストラクター
    ■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
    ■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
    ■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録